日蓮宗新聞

2019年10月20日号

台風15・19号被害の義援金勧募決定

「家族だと思って協力してほしい」

被害③ 被害②中川法政宗務総長をはじめとする日蓮宗宗務内局は9月に発生した台風15号及び10月12日に伊豆半島に上陸した19号の被害報告を受け、全国の寺院教会結社、僧侶檀信徒らに向けて義援金勧募活動を行うことを決定した。
日蓮宗では、昨年の大阪北部地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震などの災害が多発したことを受け、今年3月の定期宗会で勧募体制を強化していた。宗内の規程では、建物災害見舞金もあるが、義援金を募ることで、より復旧・復興の助力につなげたいとしている。
中川総長は、「昨年の台風で自坊(大阪府如在寺)にも被害があったが、法縁から見舞金をいただき、ありがたさが身に染みた。総長としてできることとして、多くの被災寺院・檀信徒の寺院復興への負担を少しでも減らすことができる義援金勧募の開始を決めた。仲間、家族だと思って協力してほしい」と語った。12月24日までに必着で受付。

【台風15号被害状況(10月8日現在)】9月19日までに京浜教区、千葉教区、山静教区から日蓮宗宗務院に届いた台風15号日蓮宗寺院状況報告によると6管区で計153ヵ寺が建物や境内地に被害を受けた。その後、停電の長期化で調査の遅れた千葉東部管区からの報告が入り、被災寺院数は250件以上となっている。
東京東部では式根島東要寺の境内建物が損壊し、住職らが避難を余儀なくされた。ほか島嶼部2ヵ寺に被害が出た。東京南部では大本山池上本門寺で墓石が破損し、倒木多数。千葉東部では約100ヵ寺が被災した。屋根が強風で吹き飛ばされたのは東金市法光寺など3件。浸水などで本堂の使用不能は長期化しそうな寺院が多数の模様。千葉西部では市原市圓頓寺で本堂の屋根が飛ばされた。ほか管内約50ヵ寺で建物の損傷や屋根瓦の破損、それに伴う浸水や境内の倒木など大小の被害。千葉南部は南房総市正文寺の本堂の屋根が吹き飛ばされた。管内158ヵ寺中100ヵ寺で建物・設備・境内地に被害。千葉北部は倒木被害が多数。倒木による建造物が破損した寺院もある。静岡県東部では伊東市本山佛現寺の本堂屋根銅板がまくれて飛散し一部欠損したほか計13ヵ寺で被害が出た。また台風19号の被害については調査中だ。

illust-hitokuchi

2019年10月1日号

総本山身延山久遠寺共栄運動発足式

「共に生き 共に栄える」

発会式①山梨県総本山身延山久遠寺は「共に生き 共に栄える」のスローガンをもとに立正安国・世界平和の具現化を目指す「共栄運動」を開始するにあたり「立正安国世界平和祈願会」と「共栄運動発足式」を9月16日に本堂で営み、僧侶檀信徒約700人が参列した。

発足式では持田日勇総務が「変えていくことを恐れず、勇気をもって共栄運動を推し進める」と述べ、力強く共栄運動発足を宣言した。また同運動の舵取りを担う浜島典彦共栄部長が趣旨説明を行い、同運動が目指す世界と方策を語った。
中川法政宗務総長は祝辞で、運動のスタートに立ち会えた感動を語り、身延山が法華経に縁を持とうとする世界中の人にとっての祖山となることに期待を寄せた。また日蓮宗信徒の国会議員で構成される法華一乗会・逢沢一郎衆議院議員は「この運動の理念と行動を内外に発信し、みんなで力を合わせて推進していきましょう」と話した。最後に次世代を担う身延山高校の男子生徒が進行を務め、女子生徒2人が「感謝の心と小さな人と人との縁が幸せや平和を生む」とメッセージを伝え、自分たちが創造する未来像を語った。
発足式に先立って営まれた「立正安国世界平和祈願会」は共栄運動の最初の行事となった。導師を務められた内野日総法主猊下はご挨拶で問題山積の世情を話され、「世界中の人びとにお題目・立正安国世界平和を発信し、共に生き、共に栄えるお題目を唱え、共によりよい未来を目指そうではありませんか」と参列者に呼びかけられた。法要後には清興としてオペラ「日蓮の宇宙~曼荼羅世界~」が上演された。共栄運動の短期計画には音楽布教の導入が計画されており、その一環として令和3年に予定される宗門運動結願法要後の清興で初演が予定されるオペラの序幕部分などが披露された。
◇    ◇
身延山久遠寺では第90世岩間日勇上人から始まり、第91世藤井日光上人を経て、現灯の第92世内野日総猊下まで継がれる「共生共栄」の理念を、さらに現実的に実現させていこうとする共栄部を4月1日に設置。短期の計画として「門下連合・題目系教団とのさらなる交流」「門前町とのさらなる交流」「輪番アップグレード」など、中期では「法華信仰の根本道場の確立」「文化の発信基地の確立」「海外布教拠点との連携」など、長期では「諸堂整備」などを掲げ、世界規模から日本、宗門、題目系他教団、全国寺院教会結社と共に栄えることを目指す。身延山久遠寺では、身延山を日本遺産にとどまらず、世界遺産への登録を推進し、発信力を高め貢献したいとも考えているという。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07