全国の通信記事

2019年9月30日号

神奈川二・令和元年度 全国法華和讃大会

神二191023【神奈川二】令和元年九月三十日(月)藤沢市霊跡本山寂光山龍口寺(本間日恩貫首)において、全国和讃大会が行われた。
明年令和二年には、「龍口法難七五〇年」を迎えるに、全国から十二団体が集まり、日蓮聖人御一代記や歌と踊りを合せた、ひげ題目、龍口法難和讃などお堂の中は和讃歌であふれかえっていた。
各地で日々練習を積み重ねてこられ、日蓮聖人の御宝前で報恩感謝の想いをこめてのご奉詠はどの団体の方々も素晴らしいものでした。
神奈川県第二部法華和讃会会長大森氏からは、次のように言葉をいただいた。『無事に終えて後の安堵感、そして今まで共に練習をしてきた仲間たちと感動を分かち合えるその喜びは何よりもかんがえたいものです。一人では味わえるものでは、ありません。「法華和讃を続けてよかった」と皆様の声が聞こえてまいります。
また全国各地で頑張ってご指導されていられる寺庭婦人の方々との再会もうれしいものです。
信仰をもととして年齢を問わずお寺、地域の枠を超え、とらわれることなくこだわれることなく、皆と心合せてお唱えする法華和讃、日蓮聖人が命をかけて、お唱えし、弘められた「お題目」を私たちも「和讃」を通してお使い、お手伝いをさせて頂きたい」と願っておりますと、よりよいご縁を頂いて不思議にも道が開けてまいります。
日蓮聖人を身近に感じることができる「法華和讃」にお一人でも多くの方にご縁が結ばれるようにいのらずにはいられません。』

2019年9月29日号

新潟西 第12回檀信徒研修道場

新西191028③JPG【新潟西】9月29日、柏崎番神堂(秋山文孝主管)を会場に、新潟県西部宗務所(近藤玄省所長)主催による檀信徒研修道場が檀信徒70名の参加を得て開催された。
今回の檀信徒研修道場では二年後に大聖人ご降誕800年を迎えることはもとより、来年に大聖人が越後の地を訪れてより750年を迎える事を踏まえより内容の濃い研修となった。
開会式では近藤玄省所長導師のもと法味言上の後、会場の番神堂の主管を務める秋山文孝僧正より「番神堂の縁起と越後の地において日蓮大聖人の歩まれた道程について」法話を頂き、続いての仏事作法では合掌や伏拝のしかた、数珠の扱いなどについて学んだ。
午後からは番神堂の境内散策の後、西部布教師会会長の池浦英晃師による御一代記についての法話がなされ「今を生きる私たちにとって大切な事を、日蓮大聖人のご生涯に触れ多くを学んで欲しい」と語った。
続いて唱題行の作法を学び、最後に全員で唱題行を行い全課程を終了した。
閉会式では宮澤順亮伝導事務長による謝辞にて、自身の信仰体験について触れたのち「例え姿が見えなくとも大聖人がいつもそばにいらっしゃると心に念じ、信仰を深めて欲しい」と感謝と激励の言葉を述べた。

三重 第32回檀信徒研修会

三重191028【三重】伊勢市シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢において9月29日、三重県日蓮宗宗務所主催、第32回日蓮宗三重県檀信徒研修会が開催され、教師22人檀信徒122人が参加した。
11時に開催式、並びに法味言上が行われた。11時15分からは、高島行勝上人(四日市市、妙延寺住職)を講師に迎え御首題の写経が行われた。高島上人は、日蓮聖人が書かれた120を越える御本尊の中から玄旨傅法御本尊や楊枝本尊等の特徴的なものを紹介して、日蓮聖人のお題目への熱意を伝えられた。檀信徒はお手本通りにお題目を書こうとマスクを付け姿勢を正し、写経に臨んだ。
13時からは、山本信行上人(大阪市、法性寺)による講話「お釈迦様の悟りを求めて」が行われた。山本上人は八相成道、特に成道について話をされ、釈尊が悟りに至ったのは乳粥を施され人間は1人では生きていけないと気付いた瞬間であり、悟りの根本とは縁であると述べられた。自身の沖縄慰霊行脚の経験、たった1枚の写真に人生を変えられた経験から、縁や霊的な存在を確信した山本上人は縁や回向の大切さを説いた。続いて、日蓮聖人の誕生、法難、身延山入山、入滅の際に起こった不思議な現象を挙げて霊的な力の存在を強調すると共に、身延山菩提梯造営の話に触れて信心を持って信行に励めば必ず大願も果たせると、より一層信行に励むよう勧められた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07