全国の通信記事

2019年7月29日

千葉西 第三十八回少年少女夏季修養道場

千西190816③【千葉西】青年会(山本典征会長・市原市 行福寺住職)は、七月二十九日から三十一日(二泊三日)、大本山 清澄寺(鴨川市・   別当猊下)を会場に「第三十八回少年少女夏季修養道場」を開催し、道場生、スタッフ合わせ八十二人が参加した。
一日目、清澄寺に到着後、仏前作法と食事作法研修を行い、午後一時半より信育道場で開場式を挙行。法要後、山本隆真宗務所長(市原市 光福寺住職)より「日蓮聖人が過ごされたこの清澄寺で皆さんも修業に励んでほしい。」と子どもたちを激励した。
開場式後は、参加者の自己紹介や諸堂境内案内、夕勤では御開帳を受け、夕食後には摩尼殿にて唱題行を行った。
二日目は、早朝四時に起床し、旭ヶ森で曇天の中ではあったが、ご来光に向かって唱題。清澄寺の朝勤参列後、朝食を取り、午前中一杯を使って、御題目を中心に据え、「令和」の文字と万葉集の一節、更には各々の「夢」を記した記念額作り。加えて写経を行った。
午後からはレクリエーションの大カルタ大会やクイズ大会。夕勤では、午前中に行った「記念額」と写経の修法開眼を行った。修法を初めて目にする参加者も多く、驚きの眼差しが多く見られた。
夜には、キャンプファイヤーの燃え上がる炎を囲みながら、レクリエーションや花火を行い、皆で交流を深めた。
三日目は、午前九時より山本会長を導師に閉場式を行い、参加の子供達に修了証が授与された。
閉場式後、清澄寺を出発し、最後のお楽しみであるマザー牧場へ向かった。マザー牧場では、皆でジンギスカンに舌鼓をうち、その後シープショーを観覧、ファームツアーでは動物の餌やりを体験し楽しみ、笑顔で帰路に着いた。
子供達からは、来年も参加したいという声が多く上がった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07