全国の通信記事

2019年6月9日

愛知名古屋 「音のちから・心のしらべ」

名古屋190708 (1)【愛知名古屋】6月9日(日)名古屋市千種区の蓮勝寺(犬飼盛勝住職)に於いて、第13回「音のちから・心のしらべ」が行われた。始まりと終わりまで繋がりをもって企画されているこの催しに、老若男女約200名が来寺した。
午前中に雨が降ったにもかかわらず多くの方々が来寺された。東日本大震災並びに各地での震災にて犠牲となった方々への慰霊「祈りの法要」ではじまり、聲明と経文が唱えられ、雅楽が奏でられる中、東インド古典舞踊が皆を魅了した。そして参加者全員で手を合わせ、心をひとつに犠牲者への祈りを捧げた。
その後、クリスタルボウル、シタール、インドアコーディオン、二胡、インドバイオリン、法話、東インド古典舞踊、アフリカン太鼓と様々な民族楽器・お話し・舞踊と集まった参加者の心に安らぎと癒しの時間を届けた。
最後には演奏者達によるコラボレーションとなりクリスタルボウル、聲明、シタール、アフリカン太鼓、笙と徐々に演奏が加わり音の響きが堂内に沁み渡った。
「一人一人の思い、願いは音に乗り、音の波動と共に必ず相手へと届きます。音のちからで皆が笑顔で倖せになれますように」と住職の言葉で締めくくられた。
全ての演奏終了後は堂内ではヨガ体験を。境内地では有機野菜販売と子供たちスタッフによる縁日(売り上げは全額、神戸大学ボランティアバスプロジェクトに寄付)を開催。縁日ではポップコーン、綿菓子、射的、黒ひげ、輪投げ等が行われ、大人も子供も楽しいひと時を過ごした。
来寺者は「来年も必ず参加したい」と次回への思いを語っていただけた。
回を増すごとに来寺者の期待や希望も増えつつあるこのイベント、今後も蓮勝寺ならではの「音」への探求が期待される。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07