オピニオン

2019年5月1日

再建とひとつ心

4月15日、パリのノートルダム寺院が炎上した。崩れ落ちた尖塔、取り囲む群衆の涙を流し祈る姿に、衝撃を受けた。「フランス国民にとって、信仰の象徴であり、心の拠り所だったのでしょう」。ニュースを見ながら話しかけると「ウチのお寺も焼けたことがありましたよ」と檀家に返された▼改めて自坊の歴史を調べた。念仏の盛んな地で題目講を結成し、江戸時代から細々と続いてきた信仰の灯が燃え上がったのは、2度の火災のお蔭だったのかもしれない▼明治8年は、日蓮宗の総本山身延山が灰燼に帰した年である。その年、講中の集会所が火事に遭っている。同14年宗祖六百遠忌に向けて、日蓮宗の象徴・身延山の復興、そこから始まる宗門運動に歩調を合わせるように、自坊も時の住職と檀信徒が力を合わせ、11年寺院創立、13年移転・本堂建立・寺号公称している。しかし18年、村を焼き尽くす大火で類焼。被災している檀家が多かったが、翌年仮復興するも、心労のため住職は遷化。悲しみを乗り越え、新住職と檀信徒が一体となって本堂を再建した▼身延山も自坊も困難な状況が、かえって人びとの結束を生み、再建したのだった。ノートルダム寺院がそうなることを信じたい▼移民や経済格差など、フランスは今、社会的にも政治的にも分断されている。再建することで国民が1つになれたらと祈るばかりだ。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07