ひとくち説法

2019年3月20日

慈父・悲母

一人前の親に育て上げることを目的とする、米国生まれの〝親業訓練〟が、静かに広まっている。「父となり母となる」のに、訓練が必要だろうか。ただ「しつけ」と称し、親が虐待を繰り返した果てに、子どもを死亡させた事件などを耳にした時、「訓練も必要だ」と感じるのも確かである。
仏教用語の「慈悲」を基にして、「慈父・悲母」と呼ぶ場合がある。父・母を敬愛しての表現で、〝慈〟は楽を与えること。〝悲〟は苦しみを取り除くことの意味。父・母に当てはめると、夫々の役割が見えてくる。否、このご時世、役割は拘らない。「子に楽を与え、子の苦を取り除く」のが親の大事であり、子から敬愛される所以なのだ。お釈迦さまは、私たち衆生を「わが子」と仰られ、「わが子を救い護るのは自分だけ」と大慈悲を示された。私たちも、この親に習って、〝慈悲ある人〟に成るよう励まなければならない。そのために、お釈迦さまを敬愛することが肝心である。

(北海道北部布教師会長・中村啓承)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07