全国の通信記事

2018年12月7日号

奈良 歳末助け合い唱題行脚

奈良181210 (2)【奈良】宗務所(森本竜静所長)主催の歳末助け合い唱題行脚が十二月七日に行われ、宗務所員と青年会会員のあわせて十三人が参加した。
橿原市の蓮妙寺(松島寛幸住職)を出発し、団扇太鼓を打ち鳴らして大音声でお題目を唱え、市内を約二時間にわたって行脚した。
この日、集まった浄財は宗務院のあんのん基金に送られた。

2018年12月6日号

秋田 檀信徒研修会

秋田181212 (2)【秋田】檀信徒研修会 『グリーフケア(悲嘆支援)を学ぶ』
12月6日、秋田ゆとり生活創造センター「遊学舎」にて日蓮宗秋田県伝道会(柴田寛彦会長)主催の檀信徒研修会が開催された。当日は、檀信徒と僧侶及び寺庭婦人、合わせて52名が参加した。
人生において、誰もが一度は大切な人との別れを経験する。深い悲しみに心が捕らわれてしまう時期だが、ここで重要なのが、『グリーフワーク(喪の作業)』である。
今回はこの『グリーフワーク』をすすめるために周囲が行う援助、『グリーフケア(悲嘆援助)』にスポットを当て、研修を行った。
第1部では長野県大法寺住職藤塚義誠上人より「大切な人を亡くすということ~悲しみをいやす道すじ~」と題した講演、第2部では5つのグループに分かれてグループワークが行われた。講演では、資料を元に悲嘆のプロセスや大切な人を亡くした方への対応について学び、多くの受講者が頷きながら熱心にメモを取っていた。
グループワークでは僧侶檀信徒が入り混じり、各々の体験談や講演を聞いて思ったこと等を自由に語り合い、大いに盛り上がった。参加した檀信徒からは、「悲しんでいる人への声掛けの難しさを痛感した。そして自分が亡くなった後の家族の事を考える良い機会になった。今後機会を見て住職さんにも相談したい。」「夫婦の片割れを亡くした辛さは当人しかわからない。どう悲しみと向き合っていくのか、大変勉強になった。」という声が聞かれた。
今回の研修会で、初めてグリーフケアの大切さと難しさを知ったという方が多くいたが、どの参加者も今回得た知識を、自身や友人等に悲しみが訪れた際どのように生かしていくか深く考える良い機会となったことは間違いない。

2018年12月5日号

富山 歳末助け合い唱題行脚

富山181210 (2)【富山】平成30年12月5日、富山県小矢部市の本行寺(櫻榮優一住職)において、歳末助け合い唱題行脚が行われました。小矢部市内を富山県日蓮宗青年僧7名が市内を約5キロメートル1時間の唱題行脚をしました。
途中、本行寺総代さん宅2件と市内の介護施設で自我偈一巻を上げました。総代さん宅ではご供養を、施設では利用者の身体健全祈願を岩村皐義会長導師のもと行い、喜ばれました。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07