全国の通信記事

2018年11月30日号

京都1・身延山大学京都特別公開講座を開催

京一181207 (2)[京都1] 11月30日(金)京都市上京区教法院(三木天道住職)において、学校法人身延山学園主催、日蓮宗京都府第一部宗務所後援による平成30年度身延山大学京都特別公開講座「アジアにおける法華仏教の流通」が開催された。めったにない機会である為、多くの僧侶、檀信徒が参加した。
始めに主催者身延山大学学長浜島典彦師、続いて後援者京都府第一部宗務所所長橋本一妙師より挨拶があり、第一講においては身延山大学仏教学部教授・国際日蓮学研究所所長望月海慧師より「インド・チベットにおける法華経の展開」、第二講では身延山大学仏教学部准教授・国際日蓮学研究所所員金炳坤師より「西域・中国・海東における法華章疏の展開」の講演があった。講演には資料が配られ、資料を元にアジアにおける法華経の流通を説明され、受講者は熱心にペンをとりながら、終了時の質疑応答ではたくさんの方々が質問されていた。

茨城・歳末助け合い募金・唱題行脚

茨城181207a (1)【茨城】布教師会(長谷川玄應会長)は11月30日、日立市で「歳末助け合い募金・唱題行脚」を行い、僧侶17人が宝塔寺(長谷川玄應住職)から約5㎞を踏破した。急勾配が多い道のりだったが、合唱して募金を寄せる多くの檀信徒に、お題目のご縁を強く感じる行脚となった。募金は日蓮宗あんのん基金と茨城新聞社の愛の募金へ寄付された。

山梨2 歳末助け合い托鉢行脚

山二181205a【山梨2】「歳末助け合い托鉢行脚」が行われた。これは、管区4つの組に分かれ、11月末から12月にかけて、各地区を僧侶、寺院役員等と共に太鼓を叩いての唱題行脚をするもの。
今回で51回の節目を数えるこの行事は地域の恒例となっており、太鼓の音が聞こえると、多くの方が募金に出てきて下さり、多くの志納金が集まった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07