全国の通信記事

2018年9月30日号

島根 松江市慈雲寺法灯継承入退寺式

島根181024 (2)hp【島根】松江市慈雲寺で9月30日、第30世 小川廣雲師から第31世 小川廣延師への法灯継承入退寺式が行われ、僧侶檀信徒約120人が参列した。台風直撃も多くの参列者が35年ぶりの式を見守る中廣雲前住職から廣延新住職に払子が手渡された。謝辞では廣延新住職が、式に際し屋根の修復を行った件に触れ、「皆様方のおかげで、立派な修復が出来ました。人生の中で台風が来ても、この屋根のようにびくともしないよう慈雲寺にお参りください。」と述べた。

静岡東 護法大会

静東181023 (1)【静岡東】宗務所(安藝栄修所長)主催の護法大会が9月30日行われ、僧侶檀信徒らおよそ1000名が参加し執り行われた。
当日、台風の上陸が心配される中の開催となったが、開催中は天候も落ち着き、参加者も安堵の中に大会が営まれた。
午前11時30分、各地からバスに分乗し伊東観光会館に集合した参加者は、昼食を済ませ会場内へと入場した。
会場入り口では、安藝所長をはじめ、役員が出迎え、事務局員が会場内へと参加者の誘導に当たった。
開式にあたり、安藝所長・松井宗会議員から挨拶があり、安藝所長は挨拶の中で「日蓮聖人降誕800年を迎えるにあたり、本日は千葉 大本山小湊 誕生寺様よりご幼像をお迎えして法要を執り行います。母なる思い、父なる思いで日蓮聖人のご幼像をお迎えいたしました。日蓮聖人がお生まれになっていなければ、法華経の尊い教えに出会うことは無かったことでしょう。この慶びを共にし、命を懸けお釈迦様の「み心」である「法華経」を私達に伝えて下さった意義を、もう一度認識して頂きたく存じます」と述べられた。
寺庭婦人会によるハンドベル演奏が奏でられ開幕、灑水散華が行われ道場が荘厳された。
またこの大会が行われる慶年に得度した安部恭弘君(中学2年)、安部寛悠君(小学4年)も散華師として出仕して、緊張極まりながらも、無事大役を果たしていた。
続いて檀信徒協議会・法華和讃会代表により献灯・献花・献香が行われ、あらためて寺庭婦人により手作りの青蓮華が祭壇に捧げられ御宝前が厳かに飾られた。
スポットライトによって会場後方の入り口が照らし出されると、安房の地から伊豆の地へとお出張り頂いた、宗祖ご幼像が、大本山小湊誕生寺鈴木宇海布教部長にいだかれて入場し、参加者一同が見守る中、祭壇にご安置された。鈴木宇海布教部長からのお話の後、報恩法要が開式となった。法要には管内僧侶43名が出仕して法味が捧げられ,式中、鶴田修法導師のもと御宝前法楽が行われた。
休憩をはさんで、本山柳瀬實成寺貫首田中日芳猊下による「孝と信」と題した高座説教が行われた。場を和ます猊下の口調に聴衆の緊張もやわらぎ、そして心に迫る語りに参加者は一心に耳を傾けていた。
法話終了後閉会となったが今回、誕生寺様の特別な取り計らいにより、会場入り口にご幼像をご遷座し、間近にそのお姿を拝することが出来、参加者一同はご幼像に合掌礼拝の後、感動を胸に帰路についた。

台風24号被害 身延上澤寺のさかさいちょう倒れる

山一181001③【山梨1】身延町上澤寺のさかさいちょう(国指定史跡名勝天然記念物)が台風24号の影響で倒れた。上田本昌住職によると9月30日午後11時40分頃大きな音がし、翌1日の朝に確認すると、約23㍍の巨木が無惨にも横たわっていたという。県から来寺した樹木医は、「根の一部が生きているため特殊な土を被せこのままの状態で養生する方法で今後見守りたい」と話す。上田住職は「非常に残念だが、2代目の芽を大切に育てていきたい」と話している。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07