オピニオン

2018年9月10日

娘たちと身延山へお参りした時のこと。

娘たちと身延山へお参りした時のこと。お焼香に立つと、小学4年生の娘が抹香をつまんで1回、2回、3回、4回…? 「何回するつもり?」すると「パパでしょ、じいじでしょ、ばあばでしょ、で、私」留守番をしているみんなの分だという。予想もしなかった答えに、なるほど…納得▼さすがにお寺でお焼香を4回もする人は見たことがないが、「1回? 3回?」法事の時によく耳にする話題だ。他にもお辞儀のタイミングなど。仏前で失礼があってはいけない…そう思えばこその心配事▼しかし作法ばかりが気になっては、仏さまと向き合うせっかくの時間がもったいない。そこで私は「諸説ありますから、お焼香は1回でも3回でもかまいません。お焼香の後、とにかく心ゆくまでゆっくり手を合わせていってくださいね」と話している▼お香の香りは、仏さまに喜んでいただけることはもちろん、私たちの心も清められ、清々しい気持ちで仏さまに向き合うことができる。故人に対する冥福の祈りも、感謝の気持ちもまっすぐに伝わる▼大切なのは、心を込めて仏さまに向き合うこと。そうすることで仏さまの懐に抱かれて、自身の心を見つめることもできるだろう。お焼香は1回でも3回でも、そしてたとえ4回だとしても、仏さまは大いに喜んでくださるはずだ。作法などの形はもちろん重要。でもそれ以上に形に込める真心を大切にしたい。(蛙)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07