鬼面仏心

2018年8月10日号

お盆が来ると決まって思い出す絵がある

お盆が来ると決まって思い出す絵がある。両親に連れられてお参りした本堂に掛けられていた、「地獄絵」だ。鬼の獄卒が亡者を責め立てる、あの絵だ。シニアの方ならば1度は見たこともあろう。50年たってもありありと思い出せるほどに記憶に残っている▼近頃各地でその絵を飾って、住職が説明する催しが開かれて人気だという。また、怪談話を聞く会も盛況のようだ。プロの落語家もいれば、話の得意な一般の話し手や僧侶もいて、好評だという。怖いもの見たさが興味を引くのであろうか▼現代から暗闇が消えたことで、「おそれ」が消えたといわれる。1人で暗い夜道を歩いているといつの間にか忍び込む「怖い」という感情。犯罪に結びつく恐さ。それとはまた違う世界。何がというわけではないが、恐怖とはまた違う次元のものである▼「おそれ」とは、尊さの先にある畏怖の感情とでも言えようか。目には見えない何か恐れ多い尊さ。その思いが今は見失われてきている。その結果、傍若無人なおそれを知らぬ所業となって表れてくる▼争いはこわさ、おそれ多きことを忘れたときに起こってくるという一面がある。今までの2度の大きな戦争も、畏怖の心を忘れた些細なことから始まったと言えなくもない。改めて敗者勝者、お互いが加害者であり被害者であることをこの8月には考え、平和の尊さを思う日々を迎えたい。   (汲)

illust-kishin

2018年8月1日号

豪雨の被災地を訪れた。

平成30年7月豪雨で犠牲になられた方々のご冥福、また被災された方々の一日も早い心身ともにした安寧をお祈り申し上げます▼豪雨の被災地を訪れた。同行してくれた地元の僧侶によると、2、3日前まで瓦礫などで片道が塞がれていた道路が2車線で通れるようになっているという。 見れば確かに、自衛隊の重機がそこらで稼働し、全国からのごみ収集車が、山のように積まれた瓦礫をせっせと運んでいる。ボランティアの人たちは水に浸かって使えなくなった個人宅の家具などを処分している。避難所に行けば、物資が積まれ、飲食物の配布、シャワー室や洗濯機が設置され、またたくさんの古着が届けられていた▼東日本大震災や熊本地震ほか、さまざまな災害が多発する日本。悲しいことだが、そこで培われたノウハウをもとに、助けたい・力になりたい、という心が重なって、大きなパワーになっている。自然の脅威には勝てないが、小さな人間が力を合わせ、復旧させている姿がそこにはあった。そして一番大切なことは、供養を含め被災者にいかに明日への活力を持ってもらえるかということだろう▼それでもやっぱり被災地の現状に心を痛めながら東京駅に着いた。何事もなく忙しい人たちが行き交うなか、ある看板を見つけた。「自然には勝てない。でも負けてない」。そうだ。みんなが寄り添える社会を作れば誰も負けない。(緑)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07