オピニオン

2018年8月10日

お盆が来ると決まって思い出す絵がある

お盆が来ると決まって思い出す絵がある。両親に連れられてお参りした本堂に掛けられていた、「地獄絵」だ。鬼の獄卒が亡者を責め立てる、あの絵だ。シニアの方ならば1度は見たこともあろう。50年たってもありありと思い出せるほどに記憶に残っている▼近頃各地でその絵を飾って、住職が説明する催しが開かれて人気だという。また、怪談話を聞く会も盛況のようだ。プロの落語家もいれば、話の得意な一般の話し手や僧侶もいて、好評だという。怖いもの見たさが興味を引くのであろうか▼現代から暗闇が消えたことで、「おそれ」が消えたといわれる。1人で暗い夜道を歩いているといつの間にか忍び込む「怖い」という感情。犯罪に結びつく恐さ。それとはまた違う世界。何がというわけではないが、恐怖とはまた違う次元のものである▼「おそれ」とは、尊さの先にある畏怖の感情とでも言えようか。目には見えない何か恐れ多い尊さ。その思いが今は見失われてきている。その結果、傍若無人なおそれを知らぬ所業となって表れてくる▼争いはこわさ、おそれ多きことを忘れたときに起こってくるという一面がある。今までの2度の大きな戦争も、畏怖の心を忘れた些細なことから始まったと言えなくもない。改めて敗者勝者、お互いが加害者であり被害者であることをこの8月には考え、平和の尊さを思う日々を迎えたい。   (汲)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07