日蓮宗新聞

2018年6月10日号

北山本門寺で中央檀信徒研修道場

宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」を推進するための信行推進者を養成する日蓮宗中央檀信徒研修道場の平成30年度第1回が5月26、27日に静岡県富士宮市大本山北山本門寺で開かれ、全国から集まった15人が研鑽を積んだ。中央檀研道は年に2回開かれ、全国から檀信徒が集まって信仰を深め合う貴重な機会。今回は宗門運動推進への意識を高めるカリキュラムが重点的に組まれた。開講式では、塚本智秀主任が法華経の「願生」の言葉から「あなたたちは立正安国を実現するために、自ら願い出て生まれてきた」と宗徒の自覚の再認識を求めることから始まった。

講義では、宗務院伝道部の滝本修司伝道企画課長が宗門運動や降誕八百年、相手を敬う合掌について、また塚本主任が「宗徒の信条」を解説した。塚本主任は5つ中4つ目の信条「み仏の国土を建設する日蓮聖人の誓願を私たちは実現する」の中で、「1人ひとりが仏さまの心に近づけば争いはなくなる」と述べ、改めて「正しい教えを立てて、安らかな世の中を作ることが私たちの生まれてきた目的」と話した。
夜には唱題行で心を1つにした後、「信行推進者の役割」をテーマに法座が行われ、参加者1人ひとりが自らの信仰や目標を話した。NHさん(69・大阪)は「世の中、荒んだニュースが多い。人びとの心を洗うために学びたい」と述べると、KKさん(71・静岡)は、「一念三千などの教えを、仕事や人生、ボランティアで活かしたい」と語るなど、人びとを導く役割に意欲を示した。またOYさん(66・大阪)は「誰かが続いてくれるよう、お寺でコツコツ奉仕する姿を見せていきたい」、AAさん(69・静岡)は、「檀信徒に月1回のお寺での奉仕を呼びかけ、活動を始めた」と述べ、信行推進者としての積極的な姿を見せた。
翌日は朝勤と清掃活動後、村井惇匡講師が自坊で開いている子ども道場(寺子屋)の説明を通し、寺側と檀信徒・未信徒側のニーズの違いを知るため、きちんと相手の話を聞くことから始める大切さなどを話し、道場生は実践的な活動方法を学んだ。
普段から次世代をお寺に引き込む方法を模索しているという野村晏弘さん(79・静岡)は、「菩提寺は地方にあるため、常に存続の危機感を持っている。檀家を増やしたいことはもちろんだが、まず地域に開かれた本来のお寺の姿を考えたい。今回の参加で刺激を受け、さらにやる気が出た。住職とお寺を守りながら、いのちに合掌する大切さを伝えていきたい」と語った。

illust-hitokuchi

2018年6月1日号

日蓮宗第54代管長に菅野日彰池上本門寺貫首

菅野管長祖廟奉告式日蓮宗第54代管長に大本山池上本門寺(東京都大田区)の菅野日彰貫首が就任することが決まり、5月9日に同区宗務院で就任奉告式、翌10日には、山梨県総本山身延山久遠寺の日蓮聖人のご廟で奉告式が営まれた。菅野管長猊下は、日蓮聖人の御魂へ「沙門日彰。謹んで宗門統理の大命を拝受す。まさに不惜身命 死身弘法を持って、重責を全うせんとす」と述べられ、日蓮宗徒の期待に応え、宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」を推進して、祖恩に報いることを誓われた。菅野猊下の就任は第53代内野日総猊下の任期満了に伴い、管長推戴委員会(生駒雅幸委員長)の満場一致で決定した。

就任式では、中川法政宗務総長から管長印璽を受け取られた菅野猊下が、管長として初めて導師を務められ、集まった僧侶檀信徒約150人とともに、仏祖三宝へ法華経の読誦とお題目を捧げられた。続いてご挨拶に立たれ、「世界は混乱の中にいます。国内においても人心の乱れは目を覆うばかりです。宗門が総力を結集し、日蓮聖人が目指された立正安国の実現のために、ご協力をお願い申し上げます」と述べられた。ほか祖廟奉告式後には、ご面談した内野法主猊下が、「全員で菅野新管長猊下の後押しをしていただき、さらに祖願が叶う方向に進むことを願います」と話された。また就任式の前日8日には、菅野日彰猊下の大僧正叙任式が宗務院で営まれ、中川宗務総長は、「私たち日蓮宗徒をお導き賜りますよう、心よりお願い申し上げます」と菅野猊下に期待し、挨拶した。
菅野管長猊下の任期は4年。この間、日蓮聖人降誕八百年慶讃法要での導師を全国各教区とハワイの布教拠点で務められるほか、小湊誕生寺でのご正当法要での導師なども予定されている。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07