全国の通信記事

2018年6月18日号

奈良 第五十回護法大会

奈良180619a (3)【奈良】宗務所(森本竜静所長)主催、「第五十回護法大会」が六月十八日に橿原市の社会福祉総合センターで行われ、僧侶檀信徒約百五十人が参加した。
法要に先立ち、布教師会の笹川行宥師が一口法話を行った。
引き続き「法華経の祈り」と題して森本所長を大導師に、米虫是恭修法師会長を修法導師に、管内僧侶総出仕のもと法要が営まれた。
午後からは村尾泰孝師(大阪市寶泉寺住職)が『日蓮聖人が言いたかったこと』と題して講演。
その後の青年会による唱題行では、僧侶檀信徒一体となっての大きな御題目の声が響き渡っていた。
この日の朝に発生した大阪北部を震源とする地震の犠牲者慰霊と、早期復興を願い参加者たちは至心にお題目を唱えていた。

2018年6月17日号

千葉東 本山日本寺あじさい祭り

【千葉東】多古町本山日本寺主催のあじさい祭りが6月17日に同寺で行われた。本堂では献花式、野外ステージではジャズライブや社交ダンスなどが行われ約500人の人出で賑わった。今年も日本寺奉賛会や多古町あじさい会の丹精で境内のあじさいがきれいな花を咲かせた。これを受け清瀬日草貫首は多古町道の駅から日本寺までの沿道にあじさいの植樹を行うことを提案。挨拶で「多古町をあじさいの町にしましょう」と呼びかけた。

2018年6月16日号

千葉北 檀信徒協議会総会

千北180621 (1)【千葉北】第十五回日蓮宗千葉県北部檀信徒協議会(湯浅壽郎会長)が六月十六日、大本山中山法華経寺(新井日湛貫首)で開催された。曇り空で蒸し暑く梅雨らしい気候となったが、早くより熱心な檀信徒が集まり約百五十名の参加者を数えた。午後二時祖師堂での法味言上では参加者一同お題目を一心に唱和した。また新井貫首からは、参加者の健康を気遣う言葉とともにお盆に向けご先祖を偲び信仰に励んでほしいという法話があった。総会では事業報告や会計報告などの議案が報告され活発に議論されるとともに承認された。会議後楠山泰道師(横須賀市大明寺住職)による「カルト教団による勧誘に注意!」と題した講演が行われた。言葉巧みに取り入るカルト教団の実態に参加者は熱心に聞き入った。閉会式後今後とも信教の重要性を再認識し散開したが、参加者に話を聞くと「法華経寺の大きなお堂には入れいい記念になった。次回は友人を誘って参加したい。」「カルトの話はテレビの中の話の様に感じていたが、孫などにも注意を促したい。」など各人参加の感想を口にしていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07