オピニオン

2018年6月20日

法の遵守と生き方

 文永8年(1271)9月12日、日蓮聖人は鎌倉幕府の有力な下臣である平左衛門尉頼綱(~1293)の指揮のもとに逮捕され、佐渡国への遠流となられました。50歳のときです。聖人はこの夜、龍口法難の危機に遭遇されながらもまぬがれ、佐渡国の地頭本間重連の預かりとなるのです。本間氏の館は相模国愛甲郡依智郷(神奈川県厚木市)にありました。しばらくここに滞在された聖人は10月10日この館を出発され、10月28日佐渡国へと到着されました。この日から文永11年(1274)2月14日、幕府の赦免状が下されるまで流人としての生活を送られるのです。まさに聖人は数えの50歳から53歳まで4ヵ年の流罪生活を送られたことが知られます。
 赦免後、聖人は3月26日に鎌倉へ帰着されます。その翌月8日、鎌倉幕府は、モンゴルが日本を襲う件で聖人を幕府へ招くことになり、ふたたび聖人は平左衛門尉と対面されることになります。その会見の様子は、『撰時抄』に簡潔に描写されていますが、その中で目を見はる表現に気づくのです。聖人は平左衛門尉につぎのようにおっしゃいました。
 「王地に生まれたれば、身をば隨へられたてまつるやうなりとも、心をば隨へられたてまつるべからず」(『昭和定本』1053頁)
 日蓮聖人は、ときの北条政権の最も権力をもつ平左衛門尉に対して、「私は北条氏の政権下の日本国に生命を享けているのでありますから、その命令(御成敗式目)に従うことがあったとしても、けっして私の生き方や信仰というものは、あなたがたの政権に従うことはありません」というのであります。
 この「法華経の行者」としての日蓮聖人のお言葉は、自己の身命は大恩教主釈尊、そして法華経に捧げたてまつりますという信念と同時に、平左衛門尉をはじめとする、北条政権の理不尽な政治のあり方に対し、厳しい批判がなされていることを知るのです。
 それは、日蓮聖人が文応元年(1260)7月に『立正安国論』を奏進されたのち、8月27日「松葉ヶ谷草庵」の夜襲や、弘長元年(1261)年5月12日の伊豆流罪、そしてこのたびの佐渡流罪という、幕府の不条理に対する厳しい批判であることが知られます。
 この北条政権の理不尽さについては、建治3年(1277)6月執筆の『下山御消息』に詳述されています。その記述によれば、聖人が『立正安国論』奏進以後、伊豆国へ配流されたことについて、「御式目をも破らるる歟」(『昭和定本』1330頁)と北条幕府が定めた「御成敗式目」をみずから破壊するものであるとの指摘がなされています。同様に佐渡流罪についても、「去ぬる文永八年九月十二日に、都て一分の科もなくして佐土の国へ流罪せらる」(同書・1332頁)と断言されています。つまり、北条政権は2度の流罪や聖人遭遇の事件に対し、御成敗式目に基づく対処をしなかったことを指摘されているのです。
 今日、私たちは「日本国憲法」のもとに生活し、種々の規則、法令のもとにありますが、しかし、政治や運営に関わる人々が、これを遵守し、その責務を果たそうとしているのか疑問に思われます。組織においては、議事録や契約書に基づく運営が重視されねばなりません。しかし、それが不十分である報道に接し、その無責任さに呆然としてしまうのです。
(論説委員・北川前肇)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07