全国の通信記事

2018年3月26日

福島 第3回和讃講習会

福島180426②【福島】3月26日(月)、郡山市法現寺(齋藤幸洋住職)で第3回和讃講習会(齋藤幸弥:日蓮宗福島県和讃振興会会長)が県内寺院の子育てに奮闘する寺族と幼い子供を持つ一般のお母さんと子供たち(0歳から未就学児)合わせて60名が集まり開催された。
会は二部構成で午前10時より第一部「こどもとわらべうた」という題材で、郡山わらべうたの会代表古澤政子先生を講師にわらべうたによる子育て大切さを体験した。本堂全面を広く利用し、輪になって「でんでらちゅうば」や、「ずいずいずっころばし」「いっぽんばしこちょこちょ」など体を使ったわらべうたを歌い、子供との触れ合いを楽しみながら学んだ。
昼食をはさみ午後1時より、子供たちを保育士のいる本堂に預け、客殿にお母さん方を集め4人の子育てに奮闘する管内の教師菅原瑞正師(棚倉町長久寺内)から、子育てに必要な親の姿、自身の失敗談等の話を聞いた。師は「親はどうしても子供に多くを望んでしまう。大切なのはそのままの子供を認めてあげること。女性はそもそも集団で子育てするもの。核家族が主流の現在それがうまくいかず育児ストレスとなる。今回のように知らない同士でもお寺に集まってすごせば心安らかに子育てできる」とまとめた。
参加者からは、「お寺ということで最初は緊張したが、とても楽しいイベントだった。また参加したい。」「こういう安心して参加できるものが少なかったが、ゆっくり深呼吸できる時間が作れた。」「わらべうたを教わったり、育児の事を相談できて有意義だった。」と、参加者が満足できるイベントとなった。当会会長は「またこのような地域のおかあさんやお寺に関わるおかあさんが楽しめるイベントをしていきたい」と今後も和讃の心を繋げる新たな活動を進めていく志をしめした。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07