オピニオン

2018年3月1日

「自分で考えていた以上に

「自分で考えていた以上に病気が進行していたみたい」。見舞いに行った人の報告を聞いて、すぐに檀家さんの許へかけつけた。ショックを受けた様子の檀家さんから「日蓮聖人のご病気と最期」について尋ねられた▼宗祖が病気を自覚されたのは、55歳の頃からだとある。建治3年、56歳の時から翌年にかけて、下痢の症状が続き、悪化していった様子がお手紙から拝察できる。「はらのけ」「やせやまい」とご自分で書かれた病名は、慢性的な胃腸障害からくるものであろうと推測される。「既に一期おわりになりぬべし」と思いを深くしたのは、59歳の時である。それでも、心を合わせて信心に励むように、門下の信徒を諭し続けている。最晩年には「命はかぎりある事なり、少しもおどろく事なかれ」と覚悟し「やまいは、仏の御はからい」との境地を示された▼最悪のケースを考えている檀家さんのは、言葉を選びながら、生きることを諦めずに、最期まで、成すべきことを成した宗祖の姿を話した▼面会の終わりに、身延山第91世藤井日光猊下の話をした。私が担当した僧侶を養成する信行道場で、道場生から「身延山での日蓮聖人は?」と質問を受けた法主さまは「聖人は、身を削り命を削って最後まで、門下の指導に当たられたのですよ」と涙ぐみながら話されたエピソードを伝えた▼覚悟を決めた檀家さんは手術を受け、今、回復の途中にある。   (雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07