全国の通信記事

2017年12月12日号

新潟西 武見日恕上人の書簡発見

新西171212(1)武見文書②【新潟西】新潟県長岡市の真浄寺(武見潮裕住職)から、明治時代の中期にあたる十九世紀初期の史料が、八〇〇点以上発見された。かつて東京堀之内・妙法寺の住職であった武見日恕上人(一八五八~一九一七)のもとに来た書状等で、これまで明らかとはいえなかった明治期の宗務行政の組織、教育機関の整備、信者組織の構築、子弟の教育など、その内容は豊かで広範囲に及んでいる。他に類例のない史料として、現在、立正大学名誉教授・中尾堯文師と日蓮宗現代宗教研究所により調査と目録の整理が進められている。
大量な史料を伝える真浄寺は、武見日恕上人が故郷の長岡市・関原に、大正二年(一九一三)に両親追善のため開創した寺院。現住職の潮裕師は第三代で、開創一〇〇年を記念して寺宝の護持を発願した。日恕上人に宛てられた書状は、おおよその分類にしたがって巻子状で保管されており、他に未分類の日記や備忘録などかなりの量にのぼる。中尾師は、「日恕上人の名刹の住持としての活躍と当時の日蓮宗寺院をめぐる当時の困難な状況が、史料の文面からはっきりと浮かび上がる、日蓮宗の現在と深く関わる貴重な史料。宗史における近代の欠を埋める重要な研究成果が期待される」と語り、文書の帯びる意味を強調している。
明治十九年に妙法寺の住職となった武見日恕上人は、身延山久遠寺の復興に尽力するとともに、檀林運営に深くかかわって宗門子弟の教育に専心した。一方で東京小石川に「茗谷学園」を設け、僧と俗を分かたず好学の弟子を育てることにも力を注ぎ、「日蓮宗十万人講」を広めて信者を結集して、法華信仰の物心両面にわたる確立を期した。

2017年12月10日号

日蓮聖人降誕八百年中部教区記念大会

中部教区大会①中部教区(石垣一鳳教区長)の日蓮聖人降誕八百年記念大会が11月26日、愛知県名古屋市の日本特殊陶業市民会館で開催され、僧侶檀信徒約1200人が日蓮聖人の降誕をお祝いした。国内の教区記念大会は9月の山静教区に続き2回目となり、2021年2月16日に迎えるご正当に向けて、祝賀の気運がさらに高まってきた。

初のホール開催となった教区大会は、照明やスクリーンへの映像投影など舞台装置効果がふんだんに用いられた。講談師の一龍斎貞鏡師がスモッグのなかから舞台中央に登場し、講談「日蓮聖人御一代記~御誕生から立教開宗~」を披露。貞鏡師の力強い声色と身を乗り出した臨場感ある話芸に、会場は一気に八百年前に引き戻された。
立正安国・世界平和を祈念する修法(修法導師=玉森潮慎師)後、内野日総管長猊下を大導師にお迎えし、慶讃音楽大法要が営まれた。僧侶の美しい声明で降誕を寿ぐ法要に、参加者はお題目で報恩感謝を捧げた。また未来の日蓮宗を担う宗門子弟らがご宝前で献灯献華を行った後、客席通路で散華を供養すると頼もしくも一生懸命なかわいい姿に、会場は温かい空気に包まれた。
内野管長猊下は慶讃文で参加者とともにご降誕を慶ばれた後、続くご親教では教区内に残る日蓮聖人の足跡や日蓮宗の歴史に思いを馳せるとともに、「ここにご参列の皆さまは、堅固な信心を持たれる方々であり、次の世代に法の灯を伝える方々」と未来へお題目の信仰をつなげる役割があることを示された。
ほか、豊田慈證師(愛知県法華寺住職)の講演や、加藤要瑞師(長野県原立寺住職)の唱題行などが行われた。最後に石垣教区長が「お題目の教えを弘めることが、世界を幸せにすると改めて感じた大会」と挨拶し、盛況の内に幕を閉じた。
大会実行委員会の服部巧顕事務局長は「来て良かったと思ってもらえる大会にしようと準備をしてきた。持ち帰ってもらいたいのは法悦」と述べ、参列した愛知県名古屋の奥田智一檀信徒協議会長は「感動しました。この感動を檀信徒それぞれが持ち帰ることで、菩提寺での八百年事業にいかしてほしい」と期待を寄せた。
ホールでの今大会は、荘厳された神聖なお堂に近づけるため、八百年前のご聖日をイメージしやすい多彩な舞台演出と表現が行われた。異体同心となった会場の参加者はまさしく内野管長猊下のご親教通りに「この慶びを子どもに伝え、お題目信仰を受け渡したい」と語っていた。また会場案内などを檀信徒協議会が担当し、僧侶檀信徒一体となって円成させるという力強い思いが感じられた。

静岡中 和党会が寺フェス

静中171212b (1)【静岡中】静岡県中部青年会の和党会(松原智善会長)は12月10日、富士市法蔵寺(白木智馨住職)で寺フェス「お題目で世界平和を祈る集い いのりの日」を開催し、僧侶檀信徒や寺族、近隣の住民など約300人が参加した。
これは、会員から「歳末助け合い募金以上のことをしたい」との声があがって今年から始めたもの。若手僧侶の個性をいかした「自分たちも楽しめるもの」を目標に、企画・実施された。
11時に開場した境内では、葬儀会社による入棺体験や手作り数珠コーナーのほか、多数の出店がでた。日蓮宗新聞社からはこぞうくんが駆けつけ、またNPO日本ケアリングクラウン協会の道化師・シャンピーが、来場者にバルーンアートをプレゼントしてもりあげた。
書院の坊主喫茶「妙富庵」では、若手僧侶が模擬法要を行い、各テーブルでトークに華を咲かせた。参加者からは「いままで菩提寺以外のお寺に入る機会がなかったからうれしい」「毎年やってほしい」などの声が聞かれた。
昼から行われた唱題行脚の後、富士市妙祥寺副住職の川村孝裕師が高座説教を披露。その後、法要と法楽加持が行われた。午後3時からは、管内寺院から募った賞品の抽選会があり、豪華賞品に歓声とどよめきがおこっていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07