オピニオン

2017年12月20日

ノーベル平和賞と立正安国・お題目結縁運動

 ICANへノーベル平和賞
 国際NGO(非政府組織)「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が今年のノーベル平和賞を受賞することになった。
 今月の12月に、ノルウェーのオスロで授賞式が行われる。この授賞式にはICANのメンバーとともに、被爆以来72年間人類の悲願である核廃絶運動をリードしてきた広島・長崎市長や被爆者代表も出席するという。
 この度の授賞理由には、「ICANが国連での核兵器禁止条約採択の強力な推進役を果たした」とある。
 その核兵器禁止条約の成立によって、人類の壊滅的な未来を警告し、核兵器禁止という画期的な努力を行ったとある。
 また核拡散の国が増えて、核兵器の使用の危険が高まっている世界情勢のなかで、核兵器のない世界への真剣な取り組みを核保有国に求めているとある。
 さらに核兵器廃絶に向けての新たな気運も高めて、世界兵のために貢献しているとある。
 現在、北朝鮮の核実験、ミサイル開発による国際平和への不安が広がるなかで、国連で核兵器禁止条約が採択され、それの推進役となったICANがノーベル平和賞を受賞したことは、私たち世界人類にとって、時宜に適していて、本当に悦ばしいことである。
人類民主主義の潮流
 ICANは核兵器廃絶を目指して、2007年にオーストリアのウィーンで発足したNGOの連合体である。平和や軍縮、人権などをテーマに取り組んでいて、101ヵ国470団体で構成されている国際非政府組織である。
 日本のNGOピースボートもその参加団体の1つで、被爆者や日本の他のNGOとも連携して、条約交渉を支えてきたという。
 ICANは、対人地雷禁止条約(1997年成立)や、クラスター弾禁止条約(2008年成立)のために活動した有志国やNGOの活動をモデルにして人類悲願志向の運動を目指してきたという。
 大国主導の国際政治が、人類民主主義の流れに変わってきているのではないだろうか。この流れをぜひとも核兵器廃絶への強い流れにしていきたいものだ。
 それには核兵器廃絶の使命を担っている日本が、その気になって前進していくことだ。
 広島で被爆し、世界中で体験を語り続けているサーロー節子さんは、「新しい章がこれで開ける。また一歩ずつ前進します。すべての核兵器をなくすまで」と語っている。
立正安国・お題目結縁運動
 宗門は降誕八百年を目途に立正安国・お題目結縁運動を展開している。
 日蓮聖人がこの世にお生まれになったのは、人類に法華経の教えに目覚めることを示されるためであった。
 法華経の教えは、私たちにこの世での生き方を示している教えである。ご本仏か尊いいのちをいただいてこの世に生を受けた私たちは、「世のため人のため、世界平和のためになって幸せにあんる」ことが生きる目的である。
 幸せになる原点は何かといえば、この世が平和でなければならない。
 平和であってこそ、世のため人のためになって、私たちの天授の使命を果たすことができる。
 『立正安国論』に説かれている、「汝すべからく一身の安堵を思はば、先ず四表の静謐を祈るべきものか」のお言葉を忘れてはならない。
 立正安国・世界平和の祈りに徹してお題目を唱え、降誕八百年のご聖日を、世界平和・国土安穏のなかで迎えたいものだ。
(論説委員・功刀貞如)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07