全国の通信記事

2017年11月7日

佐賀 護法大会

佐賀171107a (2)【佐賀】去る10月29日、佐賀市の文化会館にて、佐賀県宗務所(田中英康会長)主催の、護法大会が開催された。
当日は、台風が近づいているという心配もある中で、佐賀県内各地より、約1000人程の参加者が、文化会館大ホールに集まることができた。
この大会は、日蓮大聖人御降誕800年の慶讃ということで、千葉県小湊の大本山誕生寺より、大聖人の御幼像をお迎えすることから始まった。
稚児行列と共に、御幼像が会場全体を練り歩き、舞台に到着すると、宮本智昭修法師会長導師によって、開眼修法が行われた。
そのまま、寺庭婦人・檀信徒による、宗歌斉唱と和讃奉納があり、厳粛な空気のまま、慶讃法要が開始された。
法要中は、藤本宣文声明師会長主導の声明や、田中宗務所長の慶讃文によって、大聖人の御降誕や、その遺徳が讃えられ、会場全体が厳かな雰囲気に包まれていた。
法要の後は、両親閣妙蓮寺御住職の上村貞雄上人による法話が行われた。上村上人は、お題目の力によって、今の私達がまた新たに生まれ変わることが出来ると、蘇生の力があるのだと説かれた。私達のいのちと共にお題目があれば、お題目の力を届けることが出来れば、生き辛い世の中であっても、常に新しい気持ちで、自分や周りを見つめ直し、より良く生きて行くことが出来るのだと、そしてこの護法大会をきっかけに、それに気づくことができるのだと、会場中に呼びかけられていた。
昼食休憩を挟んでの後は、ヴァイオリニストの式町水晶(しきまちみずき)氏の、三重奏コンサートが行われた。 式町氏は、先天性の脳性麻痺を持ち、リハビリとして始めたヴァイオリンで才能を発揮。全てのいのちが、必ず輝ける方法や場所があるのだと.その苦しいはずの半生を、明るい語り口で楽しそうに参加者に語っていた。実際の演奏は、とても何かのハンデを持っているとは微塵も感じない、素晴らしいものであった。会場中が式町氏の奏でる音色に、
ピアノとギターとのハーモニーに聞き入っていた。
コンサートが終わると、間もなく唱題行が始まり、参加していた全ての僧侶が舞台上でお題目を唱え、そこに、青年会の行脚隊が、会場を巡った後、合流していた。
そして、宗務所長の御礼の挨拶の後、協議員議長の閉会宣言によって、護法大会は幕を閉じた。台風の接近で、開催も危ぶまれた大会であったが、その影響はほとんど無く、多くの方が参加することが出来た。
大会の中で、一貫して伝えられていた、「いのちの尊さ・有難さ」を、改めて感じることで、参加者の心の中は、大会終了後の佐賀の空のように、遠くまで青く澄み渡っていたことであろう。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07