全国の通信記事

2017年10月31日

東京東 第34回京浜教区檀信徒研修道場

東東171212 (4)【東京東】第三十四回京浜教区檀信徒研修道場が十月三十一日、東京都東部宗務所(内山堯邦所長)を担当管区に、本山小室妙法寺(小倉日教貫首)にて開催され、檀信徒九十七名が参加した。
会場到着後、山門より団扇太鼓先導のもと唱題にて祖師堂へ入堂、開式に先立ち、内山所長を大導師、西村寛和副長並びに布施慈宣伝道センター長を副導師に御開帳法要が奉行された。
続いて開講式が行われ、石井隆康京浜教区長及び内山所長の挨拶、小倉貫首より御言葉の頂戴、教区内各宗務所長の紹介、研修道場生代表中代喜一郎氏(本城寺檀徒)による誓いの言葉、今回の訓育主任である布施センター長より道場清規をもとに研修にあたっての心得の説明がなされた。次に、浜島典彦身延山大学学長より、「いのちに合掌―御降誕八百年に向けて―」をテーマに講話を頂き、『法華経』並びに祖師の生命観における「いのち」の尊さを学ぶと共に、宗門運動推進の担い手としての自覚を深めた。
昼食後は本堂に移動し、
特設の高座にて三遊亭神樂師匠より地元に因んだ落語「鰍沢」を披露して頂き、各々が情景を思い浮かべながら改めてお題目のご利益を実感した。次に、布施センター長を道師に唱題行が行われ、異体同心にお題目を唱え修行に勤しんだ。
閉講式では、内山所長より研修道場生代表石川善一氏(城立寺檀徒)への修了証授与及び、石川氏による謝辞、最後に次回開催担当管区の篠原顯祐神奈川県第一部宗務所長より挨拶がなされ、全日程を終了した。祖山のお膝元で祖師往時を偲び行学二道に励む、実りある研修道場となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07