日蓮宗新聞

2017年10月20日号

国内初の教区大会開く・山静教区で

山静教区大会①国内初となる日蓮聖人降誕八百年教区記念大会を山静教区(齋藤紳悟教区長)が山梨県総本山身延山久遠寺(内野日総法主=日蓮宗管長)本堂で9月28日に開催した。参列した教区内の僧侶檀信徒約1千人は大導師を務められた内野管長とともにお題目を捧げ、先陣を切って日蓮聖人の降誕から800年の節目をお祝いした。

開会前には、静岡四青年会の唱題行脚や教区内万灯講の練行列が行われ、聖地・身延山内を賑やかした。井上瑞雄身延山久遠寺総務は、開式にあたり「異体同心でお題目を唱えることは、誰よりも日蓮聖人がお喜びになられる」と歓待を意を表した。塚本智秀常任布教師のご一代記や次代の日蓮宗を牽引する宗門子弟の子どもらがご宝前に歩み出ての献灯献華、修法師の修法が行われた後、雅楽の音が鳴り響き、音楽大法要が開始。合わせて僧侶の美しい声明が慶事を彩ると、堂内は降誕の祝賀に包まれた。内野管長は慶讃文で、「世界平和・人類の幸福を祈念し奉る」と述べられ、立正安国、皆帰妙法のご遺命に応えることを誓願された。また御経頂戴をされた後の挨拶で、国内初の教区大会の開催を喜ばれるとともに、世界で発生している争いで多くの尊いいのちが失われていることを悲しみとともに言及され、参列者と一緒にいのちある限り久遠の平和の実現のため、頑張っていきましょうと激励された。
山静教区大会② ほか、唱題行や清興として橘雅友会の舞楽「賀殿」が奉納され、盛況のうちに幕を閉じた。参列した吉岡吉山梨4部檀信徒協議会長(76)は、「約800年前に生まれられた日蓮聖人の艱難辛苦の連続だった人生に少しでもあやかり、私たちは立正安国のために前向きに生きていかなければならないと改めて感じさせられ、意義ある大会となった」と述べた。
今年、5月にマレーシア・ペナンで始まった日蓮聖人降誕八百年記念大会だが、国内では初となった聖地・身延山での山静教区大会。本堂での大会だったため細心の配慮が必要だったが、講話・法要・唱題行・舞楽を主としたシンプル・基本的なプログラムは参列・出仕した僧侶檀信徒ともにお祝いと報恩感謝に一心できる内容となり、最高のスタートを切った。今後、残り10教区と1国際布教拠点での大会が開かれるが、大いに期待したい。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07