鬼面仏心

2017年9月20日号

森友学園や加計学園問題で突然脚光

 森友学園や加計学園問題で突然脚光を浴びた〈忖度〉(そんたく)という言葉。辞書を引くと、人の心をおしはかること、推測、と書かれている。相手の心や思いを推し測る〈忖度〉は、「思い遣る」という日本文化の基底となる心だ▼岡倉天心著『茶の本』に次のような話が載っている。息子の紹安に露地(茶室への道路)の掃除を命じた利休。掃除が終わったのに「まだ充分でない」とやり直しを。それから1時間。庭石を3度洗い、石灯籠や庭木にも水をまき、蘇苔は緑色に輝くほど。地面には小枝1本、木の葉1枚もないように掃除をした紹安。と、利休は「ばか者、露地の清掃とはそんな風にするものではない」と言って自ら庭に降り立ち、真っ赤に紅葉した一樹を揺すって庭一面に木の葉を散らし、秋の錦を現出させたという。利休の求める掃除とは単なる清掃ではない。一期一会の客に、お茶と共に最高の秋を供する。それを〈忖度〉した掃除だったのだ▼茶道に限らず日本人は「縁」を大切にした。それゆえ縁ある人を思いやる〈忖度〉も大事にした。とはいえ総理や政府高官の胸中を〈忖度〉し、公正であるべき官僚が許認可に手心を加えるなど論外だ▼信仰とはみ仏や亡き人の心を〈忖度〉する生き方。自己チュウばかりが横行する時代。せめて家族の間だけでも互いに相手を〈忖度〉仕合う、そんな仕合せな生き方をしたい。(義)

illust-kishin

2017年9月10日号

15年ほど前のこと。お彼岸のお経に

 15年ほど前のこと。お彼岸のお経に伺ったお宅でお婆ちゃんがおはぎを出してくれた。お皿にはハンバーグのような大きなおはぎが2つ。私は躊躇った。ご飯でもお餅でもないあの食感が苦手だったのだ。しかしせっかくの手作り…勇気を出して箸を持ち、お茶で流し込むようにして一気に頂いた。それを見たお婆ちゃん「そんなにお好きなら♪」と、なんとお代わりを持ってきてくれた。もちろん2つ。再びお茶の力を借りて、合計4個のおはぎをどうにか完食したのだった▼これがきっかけとなり、徐々におはぎが食べられるようになった私。いつしかお婆ちゃんのおはぎの大ファンになり、毎年お彼岸に伺うのを楽しみにしていた▼だが今年、そんな打ち明け話もできないまま、お婆ちゃんは霊山浄土へ旅立ってしまった。実は大きな病気を抱えていたお婆ちゃん。その細い体で長い時間台所に立つのも難儀だったと思う。お彼岸には「おかげさまで今年も作ることができましたよ。」仏様へ感謝の気持ちを込めておはぎをお供えしていたにちがいない▼お婆ちゃんの初盆に伺った住職がお土産を抱えて帰ってきた。包みを開けると大きなおはぎがずらり。お婆ちゃんの味とその心は、しっかりと娘さんに受け継がれていた。「この七日のうちに一善の小行を修せば、必ず仏果菩提を得べし」。次のお彼岸もまたあの優しい味に会えるかもしれない。(蛙)

illust-kishin

2017年9月1日号

詩集『くじけないで』で有名になった

 詩集『くじけないで』で有名になった柴田トヨさんは、90歳から詩を書きだした。96歳の私という詩の中で、「なにを考えてるの?」とヘルパーさんに聞かれて、柴田さんがちょっと困ったという一節がある。そのとき彼女は「今の世の中まちがっている、正さねば」と考えていたのだ。96歳になっても、世の中のことを考えていたかと、妙に感心した私▼98歳で、月に1度お寺参りを続けている女性がいる。私も月に3度は顔を見に行く。体調を気にして、お盆や彼岸の供養を前もって預かることが増えた。「あの世への貯金」が口ぐせだ。先日、空を見上げている彼女に「何をしているの?」と声をかけた。すぐに「どこかのミサイルが飛んでくるかもしれんとテレビで言ってた。争いが収まったらいいなぁとお願いしていたところよ」と返ってきた。「この人も世の中のことを考えていたのか。年を重ねても、前向きでいられる人を若いというのだろうなぁ」と感じた▼「日蓮さんは幾つで死んだの」と聞かれたので「60歳だよ」と答えると「もったいないねぇ。まだまだ世の中でしたいことがたくさんあったろうにねぇ」ときた。「エーッ」と思ったが、旦那さんは硫黄島で戦死している。この人の懐いは本物だ。確かに日蓮聖人が80歳まで生きていたなら、世の中はどう変わっていたか。見てみたいのは私だけではあるまい。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07