お知らせ

2017年7月25日号

◇お見舞い

 秋田県をはじめ全国各地での自然災害により、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

日蓮宗宗務院
日蓮宗新聞社

illust-hitokuchi

2017年7月11日号

◇お見舞い

◇お見舞い
中国・九州北部地方での豪雨により、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
日蓮宗新聞社

illust-hitokuchi

2017年7月10日号

身延山の風物詩「開闢会」賑やかに

開闢会① 山梨県総本山身延山久遠寺(内野日総法主)で日蓮聖人の身延山ご入山を記念する行列が6月18日に行われた。身延山は、日蓮聖人が743年前にご入山後、晩年の9ヵ年を弟子檀越の教育に専念されたほか、お釈迦さまが法華経を説かれたインドの霊鷲山に例えられるほど、愛された聖地。時を超えて今も、日蓮聖人の御魂が棲まうお山に報恩感謝のお題目が響き渡った。
総門から出発した行脚隊の唱題に先導された行列は、独特な掛け声と歩き方を披露する奴行列、日蓮聖人代の檀越から江戸時代の篤信・養珠院お万の方などに扮する時代行列、華葩を空へ供養する僧侶、最後に賑やかな万灯行列と続いた。途中、内野法主猊下が駕籠に乗られ列に加わり、総勢約220人となった大行列を、参拝者は手を合わせながら身延山の初夏の風物詩に接した。
開闢会② 行列の最終地点の三門に到着された内野法主猊下は、「お天気に恵まれたのは、みなさまの日頃のお題目修行のご精進の功徳が結集したもの」と参拝者を褒め称えられた。
続いて賑やかな行列とは打って変わり、身延山の緑深い静かな場所にある日蓮聖人のご草庵跡で法要が営まれた。寿ぐ雅楽や、井上瑞雄身延山久遠寺総務が読み上げる日蓮聖人ご遺文『身延山御書』の1節、内野法主猊下のご回向、全員で唱えるお題目が神聖なお山に溶け込んでいった。夏を迎えた身延山。生命の輝きの1つひとつがお題目の功徳だ。魅力いっぱいのお山の季節が始まった。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07