全国の通信記事

2017年4月30日号

佐賀 小城市教仙寺法燈継承式

佐賀170508a (1)【佐賀】好天に恵まれて日中は汗ばむ程の陽気の中、4月30日の日曜日、小城市の教仙寺で、法燈継承式が執り行われた。
この式において、第29世の亀川学俊上人が勇退をなされ、第30世として亀川浩俊上人が、新たな教仙寺の住職としての任に就かれることとなった。
木村総代の家からのお迎え行列では、こぞうくんも駆けつけて、稚児行列によって賑々しく先導された新住職を、檀信徒・管区僧侶が総出で出迎えた。
また、式の中では、浩俊上人を学生時代に指導された、池上本門寺貫首の菅野日彰猊下や、九州本山の松尾山光勝寺貫首・平井日延猊下、さらには全国各地より、修行を共にした僧侶らが参列し、法要に華を添えていた。

祝辞や謝辞で何度も何度も言われていたが、
浩俊上人の、温厚篤実にして、何事にも不断の努力を持って臨む人柄は、
これからの教仙寺の護持発展にだけではなく、
宗門にとっても必要不可欠なものとなるであろうと、
参列した全てのものが感じていた。

岡山 岡山市成就寺で法灯継承式

岡山170510③前住職並びに新住職【岡山】去る四月三十日、岡山市北区建部町に位置する成就寺に於いて、第四十世廣本栄史師から第四十一世森本晃二師への法灯継承式が営まれ、僧侶檀信徒約二百人が参列した。
ここ成就寺は、奈良時代の天平勝宝年間、報恩大師摩訶上人によって創建された。延文三年(一三五八)大覚大僧正妙実上人により日蓮宗寺院に改宗され、備前法華の中心的寺院として信仰を集めた。以来六五〇年以上の歴史を有する寺院である。
廣本師は、布教師会会長・社教会会長・協議委員議長を歴任され、昭和三十九年に法燈継承して以来五十三年間にわたり、幾度となく諸堂境内整備を行い、寺観を一新された。
平成十一年に本堂改築、平成二十二年には、県重要文化財の金剛力士像が鎮座する仁王門の改築が行われている。
また、境内には市重要文化財の三重宝塔があり、多宝如来が鎮座されている。
当日は、森本新住職の新しい門出を祝うかの如く見事な晴天に恵まれ、午前九時からの檀信徒並びに六十人を越える稚児を伴っての行列、本堂内での稚児祭文の朗読の後、午前十一時より継承式が執り行われ、廣本師から森本師へ法燈が継承された。森本師は仏祖三宝への奉告と共に、仏祖への給仕・行学二道の精進・寺門興隆の誓いを述べた。
式中、大野玄秀岡山県宗務所長・北山孝治岡山管区選出宗会議員・小埜栄裕奠統会総裁・福島義弘妙福寺住職より祝辞があり、廣本師・森本師は感慨深く聞いていた。
正干与龍渕寺住職田淵妙純師・当山護持会長神原剛氏の挨拶に続き、廣本師が「今まで同様に変わらぬご支援を宜しくお願い致します。」と謝辞を述べた。
最後に、森本師が、「十年前には、まさかこのような日を迎えることになるとは夢にも思っていませんでした。私自身、仏様のお導きを確信しております。今後とも檀信徒の皆様と共に、ここ成就寺を盛り上げていき、立派な住職になるべくこれからも日々精進して参りますので、変わらぬご指導・ご鞭撻を宜しくお願い致します。」と、新住職としての決意を述べた。

2017年4月29日号

神奈川2 第10回チャリティーコンサート

神二170502②【神奈川2】横須賀西ロータリークラブ(和田光弘会長)主催、社教会(山本貫恭会長)、青年会(藤田是光会長)、横須賀・横須賀北・横須賀南西・三浦各ロータリークラブ協賛の「第十回 チャリティーコンサート」が四月二十九日、横須賀市大明寺(楠山泰道住職)で行われ、スタッフや僧侶檀信徒、地域の人たち、ボランティアの社会人・学生・同寺の隣にある三浦学苑高等学校の生徒など、延べ三百人が参加した。
同ロータリークラブは、毎年四月二十九日、国際奉仕事業の一環として大明寺を会場にチャリティーコンサートを行っており、今回は、ロータリー財団百周年、コンサートも第十回目の記念の開催となった。
この事業の募金は「命輝かすために こども達に明るい未来を」と、ミャンマー、ネパール、国内では岩手、宮城・石巻、熊本と、多くの地域の災害に対する支援として、幅広く活用されている。
昨年の募金は、NPO法人T・M良薬センターを通して、熊本地震被災地への支援のために使われた。ことしの募金も、同団体を通して、熊本の学校に図書を寄贈したり、カンボジアに貯水プールを作るために活用される予定になっている。
コンサートでは、大明寺合唱団「ロータス」、僧侶とその仲間たちによるバンドで、楠山住職がドラムを担当する「BREY(ブレイ)」、横須賀・どぶ板通りを土壌にライブを行っており、大明寺で開かれるカントリーダンスの演奏を担当しているカントリーバンド「ジェームスバンド」、ゲストの双子デュオ「健太康太」らが演奏や歌を次々披露して会場を盛り上げた。
途中には小泉進次郎衆議院議員が会場に駆けつけ挨拶、最後には会場の参加者全員で『あの素晴らしい愛をもう一度』を歌うなど、終始大盛況の中、コンサートは終了した。
会場では補助犬育成支援団体・NPO法人湘南ROSAやT・M良薬センターによるチャリティーグッズの販売や、同社教会、管区青少年教化委員会(楠山泰英委員長)による出店も行われた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07