オピニオン

2017年4月20日

立教開宗会と立正安国・お題目結縁運動

■立教開宗会
日蓮聖人は建長5年4月28日、清澄山頂に立たれて、太平洋から昇る太陽に向かって、お題目を始唱されて、天下に立教開宗を宣言された。今年は765年目の立教開宗を迎える。上行菩薩の御使の自覚を持って、この娑婆世界を平和な仏国土と化していこうというご本仏の悲願を実現していくために立たれたのが日蓮聖人である。
日月が世の中を明るく照らしているように、南無妙法蓮華経のご本仏の光明で、この人類社会を明るい平和な、安穏な社会にしていこうという大誓願を持って立教開宗された。法華経のご本仏の心そのものを南無妙法蓮華経のお題目に包含し、それを弘める使命に身命を賭すことを決意された。立教開宗に当たって日蓮と自ら名乗られたのも、法華経と1つになって法華経のみ心を体現しようという誓願を表したものである。
この日蓮聖人の立教開宗会は聖人のご降誕の意義に還るものであり、ご降誕八百年を前にして、この立教開宗会を私たちは改めて心の深いところで受け止めていきたいものである。
■日本の仏法
日本の時代が到来するだろうと言われてきている。世界中から、いろいろな面で日本の良さが見直されている。美しい自然の中で実る豊かな恵み、キレイな水、安心・安全の食文化などに世界の人びとが注目するようになっている。それに長い歴史に育まれた文化、東西文化を融合した生活環境、更にそれらを支える精神や倫理などは、外国の人びとが目を見張るものがあろう。またノーベル賞受賞者も多くなってきて、日本の教育、技術の水準も向上していることを物語っている。
日本を訪れる観光客も年々増加し続けていて、日本の人気は高い。これらの自然、文化、教育、経済、産業などの状況から見ても日本の時代へと進んでいっているのではないかと思われる。これは戦後72年、平和日本の建設を目指して、日本国民が営々と努力してきた結果であろう。更にこの平和を確固たるものにするために、立正安国のお題目・日本の仏法が要請されて然るべきである。日蓮聖人自らが命名した「日本の仏法」、立正安国のお題目の結縁運動を更に盛り上げていくのは今である。
■立正安国・お題目結縁運動
日蓮聖人のご降誕八百年を4年後に迎える。宗門を始め各寺院でもそれぞれ記念事業が計画されたり、実施されたりしている。いろいろな形で宗祖のご降誕が慶祝されることは、本当に尊いことである。私たちはそれぞれの立場で協力していこう。宗門はこのご降誕八百年に向かって、立正安国・お題目結縁運動を展開しているその1番の実施目標は、日z本の仏法・お題目の唱題運動であろう。
日蓮聖人は、法華経のお題目を弘めるために、この日本国にお生まれになり、清澄山で立教開宗なさった。
「(日蓮の)弟子檀那とならん人々は、宿縁ふかしと思うて、日蓮と同じく法華経を弘むべきなり」と言われている。
また「法華経を二人、三人、十人、百千万億人、唱え伝うるほどならば、妙覚の須弥山ともなり、大涅槃の大海ともなるべし」とも言われている。
全国津々浦々に、また世界に、撃鼓唱題の音声が響き渡る大唱題運動が盛り上がっていけば、宗祖はさぞかしお悦びになるであろう。それがご降誕八百年の宗祖への何よりの賜り物である。  (論説委員・●刀貞如)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07