全国の通信記事

2017年3月29日

大阪和泉 佛心殿落慶奉告と佛像開眼入魂大法要

和泉170417 (1)【大阪和泉】本山妙國寺(岡部日聡貫首)は、宗祖御降誕800年・開山日珖上人御降誕490年記念事業として、「佛心殿落慶奉告並奉安御本尊佛像開眼入魂大法要」を3月29日に営み、大本山中山法華経寺新井日湛貫首を開眼大導師に迎え、法縁寺院が出仕し、本山本法寺瀬川日照貫首、和泉宗務所(佐野一秀所長)管内寺院等関係寺院、竹山修身堺市長、仏像製作にあたった京都伝統工芸大学校の新谷秀一理事長・須藤光昭教授・学生等、約150人が参列した。
奉安された仏像は未来永劫にわたる釈尊の救済の世界を形像したとされる一尊四士(釈迦仏と四菩薩)の五体(釈迦仏総高2.7メートル、四菩薩総高各2メートル)で、東日本大震災で「奇跡の一本松」のみを残して壊滅した岩手県陸前高田市「高田松原」の被災松計72本を使用し、京都伝統工芸大学校仏像彫刻専攻、須藤光昭教授指導のもと同校学生が取り組んだもの。昨年10月の全国育樹祭(京都府南丹市会場)では制作中の仏像をご覧くださった皇太子殿下より学生たちにお声がかけられた。
開眼法要後、仏像は直ちに翌日3月30日に東北教区主催で行われる「東日本大震災七回忌法要」出開帳に向け出発、「震災から6年が経った今、ひとりでも多くの被災地の方々に心の安らぎを得て頂くために立正安国の祈りを東北に届けたい。」という岡部貫首の思いを東北に届けた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07