オピニオン

2017年1月20日

アメリカには「地上でもっとも恐ろしい生きもの」

アメリカには「地上でもっとも恐ろしい生きもの」が展示された博物館があるという。何とそこには大きなカガミが置かれているだけ。つまり地上最凶の生きものとは、カガミの前に立つ私たち人間ということだ▼戦後72年。私たちは自由・平等・個人・権利を旗印に、経済復興第一に生きてきた。その甲斐あって豊かで便利な社会になった。しかし気がつくとそこは「縁」よりも「円」が大事にされる冷たい無縁社会に。無縁社会とは「縁」を説く仏教とは対極の世界だ▼トンチで有名な曽呂利新左衛門に秀吉が尋ねた。「この世で一番恐ろしいものは何か」と。新左衛門は即座に「それは人間です」と答えた。権謀術数渦巻く戦国の世を生き抜き、関白太閤にまでなった秀吉。人間の恐ろしさはイヤというほど知っている。深く肯いた秀吉が「ではこの世で一番愛おしいものは」と尋ねた。しばらく考えていた新左衛門は「それも人間です」と答えた。秀吉はその答えに深く深く肯いたという▼お釈迦さまは法華経に「人間仏子」と説かれた。そしてこの娑婆世界を仏国土とすることを願われた。「火の車/造る大工はなけれども/己が造りて/己が乗るなり」という古歌がある。無縁社会を造ったのも私たち、仏国土を造るのも私たち。欲に狂った地上最凶の人間から仏子としての自分に目覚め、この世を浄土に変えるために生きなくては。  (義)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07