日蓮宗新聞

2017年1月20日号

日蓮聖人への年賀のご挨拶 御年頭会

御年頭会①日蓮聖人の新年最初の月命日にあたる1月13日、山梨県総本山身延山久遠寺(内野日総法主)で御年頭会が営まれた。僧侶檀信徒約500人が参列し、日蓮聖人の御魂にお年賀を申し上げるとともに、立正安国への誓いを新たにした。
法要では内野法主猊下が御膳と酒、香を捧げられ合掌しながら静かに頭を垂れられた。また南無妙法蓮華経と唱え始められると参列者が続き、焼香の煙が祖師堂に舞うなかお題目が響き渡った。日蓮聖人が馬を愛されたという故事から行われる曳馬式では、内野法主猊下が馬に人参を与えられ愛でられた後、世界平和や参拝者の安寧などを願われ改めて祈りを捧げられた。
祝賀会では、内野法主猊下が日蓮聖人の高弟、六老僧ゆかりの寺院からなる六老門跡の各貫首らとともに御盃の儀を執り行われた。また新年のご挨拶で、「一念信解」の教えを示され、久遠の本仏を始め自分自身や人を「信じる」ことの大切さを説かれた。さらに内野法主猊下は、「人が互いに信じ合えるようになれば、日蓮聖人降誕八百年の真の報恩となる」と教示され、「本年が法華経の感激に満ちあふれた1年となるようお祈り申し上げます」とお言葉を閉じられた。
小林順光宗務総長は挨拶に立ち、身延山からお題目を響かせ子や孫、社会へ広め、安穏な世界の実現のためにともに僧侶檀信徒異体同心で歩むことの必要性を述べた。身延山参与・信徒総代の堀内光一郎氏(富士急行社長)は、「安穏ではない世の中にあってお題目は私たちを必ず明るい未来へと導く道標であり、人生の指標。お題目を日々の光明として、修行精進を誓い申し上げます」と挨拶した。
御年頭会は、身延山開基檀越の波木井実長公が日蓮聖人の草庵を訪れ、新年の挨拶をしたことにはじまる。また実長公の館で波木井家の先祖回向をされた後、歓待を受けられた日蓮聖人はことのほかお喜びになられたという。日蓮聖人ご在山の9ヵ年、さらにご入滅後も御魂に賀を献じ忍難慈勝高徳を偲ぶために現在まで続いている。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07