鬼面仏心

2016年12月20日号

ハロウィーンが終わったらあっという間に

ハロウィーンが終わったらあっという間にクリスマスのイルミネーションが街を飾る。日本はキリスト教国かとまごうばかり。もっとも、聞いたところによると、仏教国だと思っていたタイでもイスラム教人口が増えてきて、単純に仏教国とは言えなくなってきたという▼キリスト教もイスラム教も、ユダヤ教に由来する一神教である。この一神教と仏教とは根本的に異なる。最も大きな相違点は、神あるいは仏と、人との関係だ▼一神教では、人は神によって創られたものだという。たとえば神である陶工が土をこねて人という壺を創ったとき、その作品の出来が悪くて気に入らなければ、神は人をたたき割ってしまうかもしれないのである。従って人間はどこまでも神に従順に、神のために尽くさなければならない▼対するに仏教、特に法華経では、仏は衆生を成仏させるという一大事の因縁の故にこの世に現れ教えを説かれた、つまり仏は人間のために存在するのだと説く▼今ここで仏教と一神教の優劣を論ずるつもりはない。ただ、その国の文化というものを考えるとき、長い年月にわたって伝えられてきた習慣や国民性、そして宗教観などが混然となって今があるということを忘れてはならないといいたいのである。仏教徒としてはハロウィーンとクリスマスの間、十二月八日は釈尊成道会の聖日であることを、しっかり胸に抱いて欲しい。(直)

illust-kishin

2016年12月10日号

師走を迎え、何かと忙しいのに加え

師走を迎え、何かと忙しいのに加え、頭から離れないものに年賀状がある。年賀状の発行枚数が年々減少しているといわれて久しい。人口の減少、付き合い方や慣習に対する考え方の変化などの要因はあるが、インターネットの普及によるところが最も大きいのだろう▼作家の池波正太郎は手書きの年賀状にこだわった。宛名も本文も自分で書いていたという。そのために夏から書き始めていたらしい。一人ひとりの顔を思い浮かべながら丁寧に書いたのだろう。それは文字という形に心を込める作業ともいえよう▼佐藤初女(はつめ)さんが主宰する悩みを抱えた人の憩いの場、青森県の岩木山麓にある「森のイスキア」に、自殺を考えていた青年が来たとき、お土産におむすびを持たせようとした。ラップで巻くとご飯は窒息しふやけるので、タオルに包んで手渡すと、青年は「ここまで大事にしてくれるのか」と感激して自殺を思い留まった。佐藤さんのおむすびは絶品で、口の中で自然にほぐれていくという。することに心を込めると、思いは伝わるのだろう▼お祖師様は紙が貴重な時代にあっても、一人ひとりに心を込めた手紙を出されていた。どれほど相手のことを思われて手紙を書かれたのであろうか。これから年賀状を書く身としては、例年にも増して相手の顔を思い浮かべ、安穏の祈りを込めて書こうと思う。勿論、毛筆での手書きです。(汲)

illust-kishin

2016年12月1日号

吾輩は鼠歳である。猫は大嫌いである。

吾輩は鼠歳である。猫は大嫌いである。と思っていたが、歳をとってその猫を可愛いと思うようになった▼犬好きと猫好きの自慢話はよく聞く。善悪の問題ではないので両者の意見を中立的に聞くのも面白い。なんとなくではあるが、犬は男性に、猫は女性に好かれているようにも思える。▼今まで犬が好きで可愛がっていた孫が最近、猫のほうが可愛いと言い出した。こちらにははっきりした理由もあった。曰く「犬はしつこいから嫌だ」と。忠犬ハチ公に代表されるように犬は3日飼われたら主を忘れないと言われるほど忠誠心が強いらしい。だから桃太郎の鬼退治にも選ばれたというが、それが嫌われる原因とは犬も可哀想だ。しつこいストーカーのように思うのかも知れない▼それに比べて猫は媚びない。自分の好きなことだけをする傾向が強い。大人の猫は、自分が遊びたくないときは飼い主でも相手にしない。いや、決して女性が身勝手だと言うのではない。念のため。数100㌔もの距離を歩いて飼い主の元に帰ってきた猫の話もある▼ところで最近の犬猫はドッグフードやキャットフードのためか糞尿が以前ほど匂わない。室内で飼う場合も多いからこれは助かる。が、アメリカでは1日を1㌦で暮らす貧しい人たちにとって最大の栄養源がそれらの食料だと聞いて考えさせられた。しかし犬や猫に責任はない。(寮)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07