鬼面仏心

2016年9月20日号

政治学者のサミュエル・ハンチントンは

 政治学者のサミュエル・ハンチントンは「21世紀は文明が衝突する世紀」と予言した。まさにその言葉通りに世界の各地で悲惨なテロや紛争が起きている。現代は個人から国のレベルまで価値観が多様化した時代だ。だから簡単に良いとか悪いとか言えない問題が多い。それを二者択一で判断しようとするところに衝突や紛争が起こるのでは▼ジャンケンにはグーとチョキの他にパーがある。パーとはイエスでもありノーでもあり、同時にイエスでもなくノーでもない、もう一つの選択肢だ。物事をグーとチョキで考えるのでなく第3の選択肢のパーを持つ。それが「中道」という仏教の考え方だ。仏教が智慧の宗教といわれる由縁である▼是非善悪の難しい問題に、どう対処すれば紛争や衝突を避けることができるか。結論を急がず、時間をかけて考え、話し合い、悩み、時には結論を保留するという判断をする能力。それが智慧だ。ハンチントンのいう「文明の衝突」は、違った価値観の異質な文明や思想を、対比させ、二者択一した時に起こる。大事なことは、それをいかに受け入れるかということ▼法華経は折伏・排他的と想われがち。しかしその法華経には、異質なものを異質なままに受け入れる開会という素晴らしい教えがある。まさにいま世界が求めている平和のための指導原理だ。法華経の開会の教えで世界中の紛争や対立をなくしたいと思う。(義)

illust-kishin

2016年9月10日号

小学生40名を乗せたバスが身延山へ到着した。

 小学生40名を乗せたバスが身延山へ到着した。『こども修養道場』の始まり始まり▼お山では読経練習に唱題行、輪番奉仕に奥の院登詣、そして朝勤に夕勤。ハードスケジュールが待っていた▼プールもなければバーベキューもない。唯一のお楽しみの花火も雨で中止になってしまうという事態に、「つまんない! もうやだ!」投げやりな言葉もあちこちから聞こえてきた。そんな気持ちのままではあまりにも可哀想▼ここに来られたことだけでも幸せなこと、たくさんの仲間とともに過ごす時間の意味…どうやったら伝わるのだろう? 頭を抱えたが、心配は無用だった▼お経の時間に正座が辛くて涙する子がいれば、自然と励ます子がでてきた。家が恋しくなった子には優しく寄り添う子も▼正座で足が痛いのは自分だけじゃないと分かったし、夜はみんな心細いことも知った▼辛いことだけじゃない。「ほんとに登れたね!」。何度も諦めそうになりながらも奥の院に登頂できた時は全員で喜びあったし、山の上では普通のおむすびが大御馳走になることも知った▼優しいお題目の風が吹く身延山の懐に抱かれた2日間。子どもたちが知らず知らずのうちに手にいれていた宝物がある。それはお互いの気持ちに寄り添う心。喜びや苦しみをともにわかちあう心はまさに仏さまの慈悲の心。やんちゃな子どもたちの心の中に、小さな仏さまがそっと微笑んでいた。(蛙)

illust-kishin

2016年9月1日号

日蓮宗を通して熊本地震の義援金を送ったが、

日蓮宗を通して熊本地震の義援金を送ったが、付き合いのある寺院宛に、僅かだが個人的な見舞金を送った。するとお寺2軒から、肥後メロンと団扇が届いた。メロンには「被災した檀家が作っているメロンです。このメロンを買って全国に発送するのも救援です」と添書があった▼団扇の方は、蛇の目と桔梗の紋が印刷されている。これは地元の熊本で「清正公さん」と親しみを込めて呼ばれている加藤清正の紋所である。「熊本城を築いた清正公さんは日蓮宗の大信徒であり、熊本のシンボルです。貴方のお寺では盆踊りがあるそうですね。今年は地震で亡くなった方々の初盆にあたります。この清正公団扇で、精霊を慰めて踊っていただけたら本望です」と言葉が添えられていた。お見舞いにお返しはいらないのにと思っていた私は、2人の住職の深い想いを知って有り難く頂戴した▼そんな8月盆に入る直前に、熊本地震でただ1人行方不明の大和晃さんが見つかった。5月に警察や消防の捜索は中断したが、「息子に会いたい」と父と母は捜し続けた。7月、晃さんの車を発見。8月県の捜索再開。そして8月11日、つぶれた車体kら遺体が引き上げられ、身元確認のためヘリコプターで運ばれた。遺体の搬送を呆然として見送る両親の姿をニュースで見た時、私は思った。「お盆前に遺体が見つかってよかった」。今年の盆踊りに想いを込めたのは言うまでもない。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07