btn-cart_off
佐渡の五重塔 日蓮宗妙宣寺五重塔の歴史

item-2097

佐渡の五重塔 日蓮宗妙宣寺五重塔の歴史

¥2,200

本書は日蓮聖人の佐渡配流から阿仏房日得上人との関係をひもとき、阿仏房を開山とする妙宣寺の歴史を語る。開山堂の再建にまつわる当時の信仰の姿や、幕府の弾圧の対象となった不受布施派の僧侶と佐渡の日蓮宗との関わりについて言及している。

佐渡の郷土歴史家が先輩歴史家の遺志を引き継ぎ、約10年の歳月をかけて一冊にした労作。著者が引き継いだ段階ですでに膨大な資料があったことから千陣の着手から相当の年数をかけて調べ上げたものと推察される。2人の歴史家の取り組みに、90歳という高齢をおして佐渡から身延に日蓮聖人を訪ねた阿仏房の姿に重なるものを感じさせる。

(刀水書房刊 46判・204頁 定価2,200円+税)

在庫状態 : 在庫有り
数量

この商品の購入者はこんな商品も買っています

 

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07