全国の通信記事

2016年6月30日号

長崎 長崎地区研修道場

長崎160704 (2)【長崎】6月30日、長崎市筑後町本蓮寺本堂にて長崎地区研修道場が開かれた。講師には 立正大学教授庵谷行亨上人(静岡市宗長寺住職)を迎え、参加した檀信徒約100名を対象 に、日常信仰生活のあり方について『信行必携Ⅱ』をテキストに約2時間の講義を頂いた。 長崎地区会では定期的に外来講師を招き研修道場を行なっており、庵谷行亨上人による講 義は3回目であった。参加した檀信徒は「とても勉強になりました。また機会があれば参 加したいです。」などと好評であった。

千葉西 修法師会が法運隆昌読誦会

千西160706 (1)【千葉西】修法師会(吉野了廣会長・長生村本養寺住職)は、平成28年6月30日(木)に市原市・光福寺(山本隆真住職)を会場に法運隆昌読誦会を行った。この読誦会は管内有縁寺院を会場に行われ、修法師に限らず全教師に案内している。今回は光福寺本堂新築事業の一環として、山本住職を導師、吉野会長を修法導師に仏像修復撥遣式(はっけんしき)として行った。光福寺の現本堂は明治13年に他の場所にあったお堂を移転して建てられている為、老朽化が激しかった。平成20年に本堂新築に向けた寄付の積み立てがはじまり、檀信徒の協力を得て来年10年目の新築に向けて、本年より事業が動き出した。撥遣式には読誦会参加の教師、檀信徒合わせて50名が本堂で読経し、式中には大衆法楽を行った。梅雨の蒸し暑いさなか、大勢の修法師の熱気あふれる読経に参加檀信徒は感銘をうけ涙を流しながらお加持を受けていた。
また、閉式後には布教師会派遣の宮川了暢上人(市原市・光徳寺住職)の法話があり、「本堂は単なる建物ではなく、お釈迦様がお説法されている霊域である」と新本堂建立とその浄財奉納の功徳がいかに大なるかを説いた。これは、布教師会(高鍋隆盛会長・市原市妙蔵寺修徒)で教師の法話研修として各寺院檀信徒への法話講師派遣を行っている事業を併せて利用したものである。ユーモアを交えた法話に一同熱心に聞き入っていた。
山本住職は、「この本堂で大勢の修法師に読経して頂いたのは初めてだと思います。大変あり難い。本日の撥遣式を契機に、より良い本堂建設ができるように檀信徒とともにさらに精進したい。」と謝辞を述べ午後4時に解散となった。

2016年6月29日号

福岡 おとなの宗学(しゅうがく)旅行

福岡160719(5)【福岡】六月二十九―三十日、北九州市内のホテルで日蓮宗福岡教化センター主催の「おとなの宗学(しゅうがく)旅行」が行われ僧侶・檀信徒計七十名が参加した。日蓮宗を学び、お坊さんと語り合うということで「宗学旅行」と名づけられた。
初日の午後一時より開講式が行われ、本田元秀センター長(福岡市妙典寺住職)を導師に法味言上。その後、「二日間勉強と懇親を兼ねた楽しい研修にしたいと考えております。皆さんいい時間をお過ごしください」と挨拶した。
第一講は中村公彦師(北九州市真浄寺住職)が『お数珠の説明・使い方』の講義を行った。第二講は本田師が『ご本尊について』の講義を行った。続いて、水上正覚師(北九州市妙真寺住職)が書写行の意義について話した後、楷書体での大曼荼羅書写を行った。第三講は西島良祐師(嘉麻市善應寺住職)が『日蓮聖人のおはなし』を講義した。
午後六時より高﨑泰道宗務所所長長(宗像市妙経寺住職)も参加し懇親会が行われ僧侶・檀信徒互いに親睦を深めた。
二日目は午前七時半より朝勤の後、渡邊晃司師(北九州市淨泉寺副住職)の法話があった。その後バスで移動し小倉城・松本清張記念館を見学した。
その後、真浄寺(中村師自坊)に移動し閉講式が行われた後、本田師が謝辞を述べ、全日程を終了し昼食後解散となった。
参加者からは「解りやすく良い勉強となりました」「日蓮聖人のことを学べて良かったです」「普段なかなか聞けない事をお上人方に聞けて良かったです」「また機会があれば参加したいです」などの声が聞かれた。参加者にとってとても有意義な二日間となったようだ。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07