全国の通信記事

2016年3月27日号

大阪豊能・親子参加型ハイキングイベント 能勢クエスト開催

豊能160420 (2)【大阪豊能】宗務所(山下正淳所長)主催、教化センター企画による第3回「能勢クエスト」が、3月27日(日)能勢町歌垣地区で開催され、檀信徒35人が参加した。
能勢町の自然やお寺に親しみを持って貰うために企画された「能勢クエスト」は、地図とカードを頼りにお寺を巡り、謎解きをしながら御朱印を集めて最終的な合計ポイントで順位を競う、親子参加型謎解きハイキング。
午前10時30分、倉垣 妙法寺(井田法幹住職)を出発。
元気いっぱいの子供達は豊富な知識を持った同伴の大人と協力しながら各寺院に設定されたクエストを次々とクリア。
暖かな日差しを浴びて、チラホラと咲き始めた桜に春の息吹を感じた一日。
参加者の足取りも軽く、笑顔とハシャギ声はゴールまで絶えなかった。
各賞結果発表の後、山下宗務所長から「大人向けの行事が多い中で、宗祖御降誕800年を迎えるに際し、親子で楽しめる行事を増やしていきたい」
「今日こうして一緒に楽しく過ごせたのも、法華経の教えが皆さんの御先祖と共にあり、今に伝えられて来たおかげです」と、参加者へ感謝と労いの言葉が贈られ、次回の再会を約束して幕を閉じた。

大分 中津市真浄寺で新本堂落慶法要

大分160411②【大分】三月二十七日、中津市山国町真浄寺(建光行住職)で新本堂の落慶法要が営まれ、全国から僧侶、檀信徒が約百五十人が参列した。
好天に恵まれ、桜も満開の中、万灯稚児行列が行われ、三十名のかわいいお稚児が華を添えた。
その後落慶法要がおこなわれ、慶賛文では、亡き母との約束を胸に建光行師が先導し新たに建て直した思いが読み上げられ、この日に至るまで大変な苦労があったことが伝わった。
建住職は、「この本堂を建てるのに大変なことも沢山あったが、その度に変化の人が現れてくれた。このみんなの思いであふれる本堂を檀信徒と力を合わせ、みんなで護っていきたい」と御礼とさらなる決意を述べた。

2016年3月26日号

京都1 第2回「いのちに合掌」信行大会

京一160329 (1)【京都1】3月26日、京都市左京区本山頂妙寺(安藤信行貫首)で京都府第1部宗務所主催の第2回「いのちに合掌」信行大会が120名を超える僧侶並びに檀信徒が参加し開催された。
開催に先立ち、管内寺庭婦人会による和讃の奉納があり、続いて橋本一妙師(京都府第1部宗務所長)を導師に法味言上を行った。また、京都1部布教師会会長大西秀樹師(松林院住職)による本山頂妙寺の縁起が説明され、引き続き唱題行が行われお題目の声が本堂に響き渡った。
場所を客殿に移し、山梨県上田本昌師(上澤寺住職)を講師にお迎えし「いのちに合掌」と題し実体験を交えながら法話が行われた。
「我々が生きている事、日々の生活、当たり前と思っている事は決して当たり前の事ではない。それらの事に感謝の意を込め心穏やかに合掌しお題目を唱え、頂いたいのちを見つめ直し大切にする事が、自身の不平・不満の気持ちを減らす事に繋がる。また、日々の生活の中でお互いに合掌しいのちにお題目を唱え合い、敬いの心を持ちお互いを尊重する事が大切である。
敷いては、国土の安穏と全ての人々の安らかな生活に繋がる」と、いのちに対して合掌する事の大切さを伝えた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07