全国の通信記事

2016年3月28日号

岡山 第26回少年少女の集い

岡山160411 (2)【岡山】3月28日~29日、最上稲荷妙教寺(稲荷日應猊下)に於いて岡山立正青年会(小埜栄輝会長)主催により「第26回少年少女の集い」が行われ、大勢の会員と、本年は19名の子供たちが参加した。
朝9時に今回のメイン会場となる宿坊「顕妙閣」に集合した一行は妙教寺本堂へと移動し、小埜会長導師のもと読経唱題をもって開校式が行われた。次いで稲荷猊下より「短い春休みの中での参加ありがとうございます。皆さんを心から歓迎します。ここは神社ではなくお寺です。どうぞ合掌してお参り下さい。そしてまた、先生方の言う事をよく聞いて、2日間怪我の無いように頑張って下さい。」と挨拶された。
そして場所を移し顕妙閣にて青年会員の鎌倉功文師(妙忍寺修徒)指導のもと仏前作法並びに数珠の扱い方と読経練習。子供たちは慣れない正座には苦労していたが、最終的に正座にて大きな声で読経出来るまでになった。
昼食をはさみ、最上稲荷から稲荷山の山道を歩き、目的地の龍泉寺(阪本昌護住職)を目指して、ウォークラリーを行った。班ごとに分かれた子供たちは、夕食に食べる予定のカレーの具材を集めるべく、4か所のチェックポイントに於いてゲームに挑戦。クリアすると具材を手に入れられるが、失敗すると夕食は具無しカレーとなるので、子供たちはみんな必死。各班無事にチェックポイントをクリアし、無事に龍泉寺へと到着。
そして場所を移し、龍泉寺御滝場へ。
龍泉寺副住職・阪本泰康師指導のもと、会員全員参加による「滝行」が行われ、会員のほとんどが未経験という中、御題目を唱えながら滝行をさせて頂き、子供たちも会員の滝行に圧倒されていた。
その後、本日のウォークラリーの成果が存分に発揮されたカレーライスを頂いた後、健康センターにて入浴をはさみ、再び顕妙閣へと場所を移し、レクリエーション(DVD観賞)にて過ごし、一日目の行程を終了した。
2日目、6時半に起床した一行は、顕妙閣にて朝勤。朝食とアンケートを終えた後、昨日お世話になった最上稲荷の境内を子供たちと共に清掃。
そして顕妙閣に戻り、三香堂(岡山市北区)の森脇亮介副社長・優子夫妻指導のもと「数珠作り」のレクリエーション。なかなか慣れない作業の中、森脇先生サポートのもと無事に完成した。
昼食を頂いた後、再び小埜会長導師のもと、修了式が行われ、今回の行程を無事に修了した証しである「修了証」と記念品が小埜会長より子供たち一人一人に手渡された。
最後に小埜会長より「2日間大変お疲れ様でした。世の中にはお金持ちでも不幸な人もいれば、貧乏でも幸せな人もいます。それは常に「ありがとう」の感謝の心があるからです。この気持ちを忘れることなく、今回の2日間で学んだ経験を糧に、これからの学校生活を頑張って下さい。そして皆さんが各々作った数珠はこれからも大切に扱って下さい。」と述べられ、無事に修了した。

神奈川3 身延山団体参拝

神三160601(4)【神奈川3】三月二十八日(月)、二十九日(火)日蓮宗神奈川県第三部宗務所主催の身延団参が七十名を超える管内教師・有縁の檀信徒参加を得開催。
午前七時、各地を出発したバスの車内では、布教師会から出向した福嶋冴淘師・羽田鳳竜師による法話が行われる中、一路身延へ。
午前十時、身延山に到着した一行は身支度を整えた後、久遠寺大本堂前で集合写真撮影。続いて午前十一時、徒歩にて奥之院思親閣へと登るグループは登詣を開始。天気にも恵まれ霊山の参道を一歩一歩踏みしめる檀信徒の姿が見られた徒歩にて登詣することが適わない参加者は霊宝殿見学・境内散策を行った後にロープウェイにて思親閣へ出発。思親閣に到着した各参加者は午後二時と午後三時の二回に分けて思親閣での御開帳を受けた。
御開帳を受けた後、奥之院を散策し、午後四時にロープウェイにて下山し清水房・本行坊に分かれ各自散策や入浴し、午後五時半夕食となった。
午後七時久遠寺大本堂に於いて、山﨑浩道所長を導師に迎え報恩唱題行を行った。
始めに宇都宮行厚師が参加者に唱題行の作法について説明が行なわれた後、山﨑所長の発音で唱題行が開始。
唱題行中は堂内の灯りのみでの暗闇の中、御宝前の法燈の灯りに包まれる大聖人の幻想的な雰囲気の中、僧俗一体となり報恩の誠を捧げた。
凡そ一時間に及ぶ唱題行の後、各坊に戻りささやかな茶話会が催され午後十時消灯となった。
明けて二日目、午前五時に起床した一行は本山の朝勤に出発、午前六時からの朝勤に参列。
朝勤を終え宿坊に戻り午前七時半に朝食を取り帰り支度が整った順に門前散策を行った。
午前九時半身延町営駐車場を出発した一行は、午前十時に別格本山大野山本遠寺に到着。
御開帳を受けた後、境内にある養珠院お萬の方の墓地や国指定重要文化財である鐘楼堂等の案内・説明をいただいた。
午前十一時本遠寺を後にし、正午過ぎに沼津ぐるめ街道の駅で全員一緒の昼食。午後二時に沼津港深海博物館に到着し、しばし鑑賞・散策の時間となった。
全行程を終え午後六時各地到着し盛況の内に円成となった。

2016年3月27日号

愛媛・四国中央市経王寺で信行の集い

Exif_JPEG_PICTURE【愛媛】三月二十七日、愛媛県四国中央市経王寺(八竹光一住職)で東予地区組寺会が『交通安全祈祷会』と『信行の集い』を開催した。
来月から始まる交通安全週間を前に常に安全運転を心掛けてもらい、諸天の善神のご加護で事故のない運転をご祈祷した。
午後からの信行会は、八十余の参加者による法要と法話が行われた。講師には、担当寺院の八竹光一師が三大秘法について話した。
「日蓮聖人は、伊豆、竜口、北国佐渡法難、身延山にご入山なされても冬の食料の乏しい時さえもお題目をお唱えになられたのです。船守弥三郎、阿仏房、千日尼、南条氏、富木様が変化の人となってお祖師様をお助けになされたのです。南無妙法蓮華経とお唱えすれば、また仏様の心を我が心とすればご守護が頂けます。自己利他の日々の行いをすれば楽しい生活が送れますよとお祖師様はお示しくださいました。」と話され、来年も元気で会いましょうと誓い合って散会した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07