鬼面仏心

2016年3月20日号

有名な博多の日蓮聖人の銅像さん。その銅像の台座には

有名な博多の日蓮聖人の銅像さん。その銅像の台座には聖人の一代記が彫られている。参拝者はそのレリーフを拝みながら銅像を一周する。レリーフの中で特にピカピカに光っているシーンがある。龍口法難の場面だ。刀を振り上げる武士の前に合掌して座る聖人。お参りの人々は、その尊いお姿を手で撫でるのだ▼首を切られるといった劇的状況を、私たちはつい有り難がってしまう。しかし大事なのは、なぜ聖人が首の座に引かれたのかという理由と、聖人にとってその法難がどんな意味を持つのかということだ▼龍口法難は四大法難中最大の法難だ。同時に聖人にとって特別な意味を持つ。この法難により旃陀羅が子日蓮は、末法救済の地涌の菩薩・本化上行菩薩に生まれ変わったのだ▼5年後に宗門は日蓮聖人降誕800年を迎える。慶讃の諸行事がき企画されている。そして、また宗教者日蓮にとっては、本化上行菩薩に生まれ変わった龍口法難750年が重要な意味を持つ。神奈川県2部宗務所を中心に京浜教区が一丸となり龍口法難750年の慶讃と顕彰に取り組んでいる。とても頼もしい▼今年はブラジルのリオで、そして4年後はいよいよ東京でオリンピックが開催される。オリンピック関係の諸準備が進められ、日本全体を勢いづけている。その東京オリンピックの年が、龍口法難750年だということを忘れないでほしい。(義)

illust-kishin

2016年3月10日号

校舎から元気な歌声が聞こえてきた♪ 卒業式の練習だ。

校舎から元気な歌声が聞こえてきた♪ 卒業式の練習だ。春の香りとともにやってきたお別れの季節…柔らかな日差しや、色とりどりの花々は、新しい旅立ちを応援してくれているかのようだ▼さて、お別れと言えば近年、人生の卒業式ともいえる葬儀の形が急激に変わってきた。なかでも、親しい身内で行う「家族葬」の増加は著しい。”アットホームで温かい”という意見もあるが、一抹の淋しさとともに疎外感を感じている人もいる。「お世話になったのに、亡くなったことを知らなくて」と、耳にすることも少なくない。「弔問に行ったら迷惑でしょうか?」こんな質問もよくうける▼故人の遺志や家の事情など様々であるため、一概には言えないが、「いつの間にか亡くなっていた」が当たり前になってしまうことは悲しい気がする。先日の葬儀で喪主さんが仰った。「お焼香の時に驚きました。父はあんな方、こんな方とも知り合いだったのかと。皆さまからお礼の言葉を頂きました。私の知らない父の姿を見た気がします」。葬儀の規模に拘わらず、死を周知し、お別れの場を作ることは重要なことだと思う▼人生最後の卒業式は一生に一度きりしかない。かつて花のアーチを作って先輩を送り出したように、故人の花道は縁のあった皆で用意して差し上げたい。元気に日蓮聖人のもとへ旅立てるように、感謝と激励の気持ちをお題目に込めて。(蛙)

illust-kishin

2016年3月1日号

暖冬のせいか、「規格外の出荷できない大根です」と

暖冬のせいか、「規格外の出荷できない大根です」と大きな葉付き青首大根をいただいた。大根は奈良時代の古事記に「おほね(大根)」と記されている。日蓮聖人も「大根は大仏堂の大くぎのごとし。あぢわひは?利天の甘露のごとし(『上野殿御返事』)と述べられている。昔から日本人は大根が大好きである。根の上部はサラダや大根おろしに、中央部はおでんなどの煮物に、硬くて辛みのある先の方は漬物やみそ汁に使う。消化酵素のジアスターゼや、カリウム、ビタミンCも豊富。炒めて美味しい葉には、さらに豊富な栄養素が含まれる。世界で大根の生産量、消費量の9割を日本が占めているのも驚きである。法華経は方便品で一仏乗、寿量品で永遠のいのち、神力品でその働きを説きあかす栄養満点のいのちの教えである。その教えが中心となっている国の割合から考えると、90%を現在の日本が消費している。宗祖以来、先師たちが築きあげてきた法華一乗の教えを消費するばかりで、生産して世界へ広げていない。(広宣流布)法華経は取り扱いが難しい教えである。禅僧の良寛も「口を開けば法華を謗り口を杜づるも法華を謗る・法華云何が讃ぜん(口を開いても閉じても心で法華を悪く云ってしまう。どのように法華経を讃えたら?)」と悩んでいる。答えは「合掌して曰く南無妙法華(ただ合掌して唱えよう南無妙法華)」。ただ法華経・宗祖に信を入れて精進するしかない。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07