日蓮宗新聞

2016年3月20日号

3.11被災地で祈りささげる

蓮乗寺②東日本大震災から5年。大地震が発生した3月11日には、大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県だけでなく、全国各地の日蓮宗寺院・教会・結社で殉難者への鎮魂のお題目と祈りが捧げられた。
檀信徒164人の命を失った岩手県大槌町の蓮乗寺(木藤養顕住職)には、この日朝から多くの檀信徒が墓参に訪れた。すべてが大槌町に残った人ばかりではない。家を失い盛岡市や仙台市などに仮住まいを余儀なくされている人たちも、この日にあわせて故郷・大槌に戻り、殉難者や先祖の墓に掌を合わせた。

津波で祖母を失ったという檀信徒は震災後に生まれた子どもを連れて墓参に訪れた。「震災がなければ曾孫を抱かせてあげられたのに」と無念の表情で話す。長い時間をかけて合掌した後、「ばあちゃん、向こうで元気にやってっか」と墓石をやさしく撫でた。
同寺では、午後1時から東日本大震災殉難之霊慰霊法要が営まれ、檀信徒100人以上が参列した。この法要には岡山県修法師会(石川正之会長)が呼びかけ県内の有志で結成した東日本大震災慰霊団22人も出仕・参列した。
法要後、岡山からの慰霊団は予定を変更して震災の発生した午後2時46分まで読誦し、その後、蓮乗寺の和讃講中と岡山県和讃会が打ち鳴らすうちわ太鼓に合わせ唱題を行った。参列者は本堂前や親族の眠る墓前など思い思いの場所で掌を合わせてその時を迎えた。
法会を終え、岡山県の慰霊団を乗せたバスが見えなくなるまで手を振り続けた蓮乗寺の檀信徒は「岡山は遠いけど、お題目でつながってるんですね。心の奥の方で温かいものが流れ出すのを感じました」と話した。その温かな何かが、被災地の人の胸に灯った小さな希望であったと信じたい。

illust-hitokuchi

第110定期宗会開く

日蓮宗の最高議決機関・第110定期宗会が、3月8日から11日まで東京都大田区日蓮宗宗務院で開かれた。宗会議員定数の45人が出席し、来年度の予算ほか日蓮宗宗制の規程改正案や制定案が慎重審議された。
今回提出された議案は宗務総長提出の教育規程や修法規程、福祉共済規程の改正案のほか、鎌倉布教拠点建設検討委員会規程制定案など。福祉共済規程では災害見舞金査定基準が現行の「本堂・庫裡」に「諸堂」が加わり、「全焼又は全壊」「半焼又は半壊」に「大規模半焼又は大規模半壊」「一部損壊」までを広げる案などで、より被災規模に則した見舞金の給付が可能になる。同検討委員会規程制定案は、平成21年の第98臨時宗会で購入が決定した鎌倉辻説法跡隣接地に建設される予定の布教拠点の運用を検討するための委員会を設置する内容。同23年の第102定期宗会で建設特別会計が決定したが、宗会最終日の3月11日に発生した東日本大震災への対応に集中するため、計画が保留となっていた。これらの議案は宗会最終日に全て原案可決された。
また今宗会中に、不活動法人の整理に対応するための過疎地域寺院に関する規程の改正案などが議員から発議されたが、当該委員会が「時間をかけて議論を要する内容」などとの見解を示し、原案否決・審議未了となった。
最終日には「教育制度改革のための特別委員会」などの設置を求めた建議案が出されたが、すべて不採択となった。

illust-hitokuchi

2016年3月1日号

日蓮宗加行所成満会

成満会①千葉県市川市大本山中山法華経寺(新井日湛貫首)に開設されていた日蓮宗加行所(伝主=新井貫首・工藤堯幸伝師)の成満会が2月10日に営まれた。昨年11月1日の入行会から壱百日ぶりに姿を見せた134人の加行僧は相伝した秘法である修法を行い、立正安国を目指す誓いを表した。
同日未明、娑婆と修行場の境「瑞門」が開かれるのを待っていた福井県から来た梅木隆治さん(78・南越前町妙泰寺檀徒)は、初行で修行していた三井法泰師(同寺内)に対し、「信仰篤い人が多い私の住む地域で、若い人たちの道を引き妙泰寺へと導いてもらうことで、信仰をつないでもらいたい」と期待した。
式では、修行の証「許証」の授与が行われた後、小林順光宗務総長が初行僧へ日蓮宗の修法師辞令を交付し、祖願達成の原動力となることを願った。また工藤伝師は「上求菩提下化衆生のために修法道に邁進を」と述べ、日蓮宗の発展に寄与することを祈念した。
東日本大震災での福島原子力発電所事故で故郷を追われた双葉町妙勝寺の再行・瀬戸隆寿師は「震災後入った初行は、自分のための修行だったが、再行を終えてやっと復興へのスタートラインに立てたのかなと思う。私が先頭に立ってお寺の復興を本気で目指している姿を檀信徒に見せたい。離ればなれになった檀信徒をつなぎ、また新たな法華経信徒を導き、新しいお寺を建立することが目標」と前を向いた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07