鬼面仏心

2015年12月20日号

孫がコマを持ってきた。紐を巻いて回す

孫がコマを持ってきた。紐を巻いて回す。昔とった杵柄、地面に落とさないで空中で返して掌に乗せる。やんやの喝采を浴びる▼小学生の頃、正月前のこの時期になると、誰からともなくコマ回しを始めたものだ。ただ回すのではなく、コマを掌の上で回しながら鬼ごっこをするのである。鬼も追いかけられる者も、回っている間だけ走ることができる。コマ回しが下手だとすぐつかまってしまうから、誰もが真剣に練習した▼中にずば抜けてうまい友人がいた。彼は誰よりも長い時間、掌に乗せていることができた。その秘訣を聞くと、いいコマを充分勢いを付けて回すことだと教えてくれた▼単なる子供の玩具だ。心棒が曲がっていたり、中心からずれているのが多い。彼はコマを買うときこれをよく見て、丹念に選ぶのだという。一方良くないコマは留まることなく暴れ回りすぐ停まる▼近年の世の有様を見ていると、まるで不出来なコマが投げ飛ばされたように思える。ただし、激しく動くということは、力が強いということでもある。これは必ずしも悪いこととはいえない。力強さは世を変える力でもある▼そこで大事なのが心棒である。どんなに周囲が激しく回っていても、心棒が真っ直ぐ中心に位置していれば、暴れ回ることはない。宗祖が身命を賭して伝え広めようとされた法華経お題目の教えこそが、今必要な心棒だと言いたい。(直)

illust-kishin

2015年12月10日号

方言は、温かみや癒され感があっていいと思う人は多い

方言は、温かみや癒され感があっていいと思う人は多い。「ふるさとの訛りなつかし停車場の/人ごみの中にそを聴きにゆく」(石川啄木)。啄木ではないがふるさとを離れ、時間の経過とともにふるさとの訛り言葉が無性に懐かしく感じてくる▼長く故郷を離れていると故郷の言葉が聞き取れなかったり、すぐに出てこなかったりもする。が、多少時間が掛かっても蘇ってくる。とは言うものの「兄貴の津軽弁訛ってネ~が」と。聞きようによってはフランス語のように聞こえる津軽弁だが、お国言葉が微妙に違うコラム子である▼福島県飯館村の「までいライフ」を御存じだろうか。「までい」とは丁寧という東北地方の方言だ。福島第一原発の事故で全村が計画的避難区域の指定を受けた飯館村では、震災前から菅野典雄村長が飯館流スローライフとして、「までい」な心で暮らそうと提唱している。「までい」は「真手」と書き、お茶を出すのも、物を受け取るのにも両手を差し伸べて丁寧にするということ。手間を惜しまず、心を込めてことを行うということで、もう一度原点に戻ってふるさとの暮らしを立て直したいという▼NHKの朝ドラ「まれ」で漆職人の夫が「いい器とは作り手の中味なんだな。自分を器に込める。それが人の心を動かすんだ」といっていた▼気持ちを込めた合掌で人に接しているのだろうか。すべてに「までい」にしないと直ぐに見透かされてしまう。(汲)

illust-kishin

2015年12月1日号

門前に人影が見えたので出てみると、

門前に人影が見えたので出てみると、子猫が動けなくなっているのをみつけた通行人が心配して寄り添っていた。題目塔の裏でうずくまっていた猫を助け出そうと手を出したところ、近くで猫のうなり声が聞こえた。親猫が近くにいたのだ。何とか救い出して親猫がいる場所に放してあげた。両親と三匹の子猫の家族が境内の住民となった▼寺の境内は猫たちの格好の遊び場兼住まいとなっているらしく、捨て猫や野良猫があとを絶たない。その都度、猫が好きな方を探して飼っていただいたり、自宅で飼ったりしているが、ある方からそれを公表しない方が良いと忠告された。その事が知れ渡ると猫を捨てに来る人が増えて大変なことになるという。と、いうことは捨てる人の心にもわずかながら優しさが残っているらしい▼かつて、古着を集めて販売し、主宰しているNGOの活動資金にしたことがあった。全国から毎日、山のような古着が宅配便で届けられたが、三分の一は雑巾にしか使えないものだった。捨てる事への罪悪感が少しでも軽くなるのなら、ということらしい▼最近、動物の虐待が数多く報じられるようになった。抵抗できない小動物や鳥などを残忍な方法で殺している。それに比べたら猫を捨てるくらい罪は軽いと考えているとしたら間違っていないか。自分がしたことの責任をとらない人が増えているように感じているのは小生だけだろうか。自業自得を肝に銘じたい。    (寮)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07