オピニオン

2015年12月10日

方言は、温かみや癒され感があっていいと思う人は多い

方言は、温かみや癒され感があっていいと思う人は多い。「ふるさとの訛りなつかし停車場の/人ごみの中にそを聴きにゆく」(石川啄木)。啄木ではないがふるさとを離れ、時間の経過とともにふるさとの訛り言葉が無性に懐かしく感じてくる▼長く故郷を離れていると故郷の言葉が聞き取れなかったり、すぐに出てこなかったりもする。が、多少時間が掛かっても蘇ってくる。とは言うものの「兄貴の津軽弁訛ってネ~が」と。聞きようによってはフランス語のように聞こえる津軽弁だが、お国言葉が微妙に違うコラム子である▼福島県飯館村の「までいライフ」を御存じだろうか。「までい」とは丁寧という東北地方の方言だ。福島第一原発の事故で全村が計画的避難区域の指定を受けた飯館村では、震災前から菅野典雄村長が飯館流スローライフとして、「までい」な心で暮らそうと提唱している。「までい」は「真手」と書き、お茶を出すのも、物を受け取るのにも両手を差し伸べて丁寧にするということ。手間を惜しまず、心を込めてことを行うということで、もう一度原点に戻ってふるさとの暮らしを立て直したいという▼NHKの朝ドラ「まれ」で漆職人の夫が「いい器とは作り手の中味なんだな。自分を器に込める。それが人の心を動かすんだ」といっていた▼気持ちを込めた合掌で人に接しているのだろうか。すべてに「までい」にしないと直ぐに見透かされてしまう。(汲)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07