オピニオン

2015年12月10日

喪中と年賀(忌明・徐服)

年末になり、喪中ハガキが届くことがあります。現今では人が死亡して、仏教徒は四十九日(七七日)、神道で五十日葬までを服喪期間とし、忌明け挨拶状・香典返しをするのが習わしといいます。
年賀欠礼のハガキには1年近く過ぎているのもある。私は父母・義父母の死亡後の正月挨拶で「故○○は○月○日霊山浄土へ往詣し 釈迦牟尼仏日蓮聖人(菩薩)に面奉し 倶に元朝の日の出を遥拝(合掌唱題)していると思いなし 私共も安堵しています。本年も……」と、書きました。
四十九日忌が終われば忌明けだから平生の生活に戻った方がいい。いたずらに家に籠り世間・社交・外出・音曲・娯楽を避けるなど不自然です。
喪中・忌中であっても、日頃と変わらず普段通り仏道修行に励み、故人の霊山往詣を祈り、年始の挨拶や年賀を下さるのを断ることもなく、挨拶を交わす方が嬉しくありがたいようです。私たちは仏教(日蓮宗)徒、皆倶にです。「皆共成仏道」。

(新潟県西部布教師会長・中嶋教高)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07