オピニオン

2015年12月1日

「終活」ということ

近年「終活」ということが話題になっているようである。最近のマスコミの話で終活の一環として「お墓じまい」を考えている人があると聞いた。…何とも嘆かわしい。遺骨は、今は亡き大切な人の最後の「縁」ではないのか? 墓前に手を合わせれば懐かしく対話もできようと言うもの。金品・不動産だけが遺産で、お墓や位牌は「負の遺産」と子孫に伝えるのか?…心に北風が吹く。
「死」という字は「一タヒ」と書くように必ず一度迎えねばならない現実である。
その準備をする。誠に結構なことである。しかし、ここでいう終活とは、臨終を迎えるに当たっての生き方、逝き方。「後生の為の糧」を考えるという「終活」である。臨終を迎え、今生の精算をし、そして「罪」と「徳行」を持って旅立つのである。
懺悔滅罪の謙虚さと、徳を積ませて頂くという謙虚さ、これを終活の心柱として余生に光明を得、霊山浄土を期したいものである。

(新潟東部布教師会長・眞島文雄)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07