ひとくち説法

2015年10月20日号

仏さまはいつも一緒に

ある会社の社長さんが突然寺を訪ねてこられ、「仏さまの教えとはどういうことですか」と質問されました。そこで私は「明日の朝より、奥さまと一緒に起床し、そして台所に入り、新聞を読まず、テレビも見ないで、静かに朝食が済むまでいてください」と、お話しいたしました。
後日、その方がみえられて「ありがとうございました。お米を研ぐ音、漬け物を刻む音、野菜を洗い刻む音、普段あたりまえのように頂いていた朝食がこんなにも大変なことかよくわかりました。私自身の力で会社も家庭もやっていけるのだと、私に感謝しろと、思い上がっていました。それが誤りであったと気づくことができました。周りの人びとに支えられ今がある。私を支えていてくれる人たちに感謝しなければならないことに気づかせていただけたこと、とても感謝しています」と。
お題目の信仰を持つということは、周りに仏を見、自分の心の中にいる仏に気づくことです。
みんなほとけさま いのちに合掌

(愛知県名古屋市布教師会長・竹内寳祥)

illust-hitokuchi

2015年10月10日号

ぶたれ坊

江戸時代の終わり、鏡岩源之助(本名・加藤助三郎)という力士がいた。父は鏡岩濱之助。時の英傑、雷電為右ェ門に土を付けるなどの活躍をし、小結まで務めた名力士であった。立派な体躯に恵まれた助三郎、周囲の期待を背に角界に入り、父の四股名「鏡岩」を継いだ。2代目鏡岩の通算戦績は6敗4休。土俵上で一度も勝ち名乗りを受けることなく廃業した。故郷に戻った助三郎は宿屋を営んでいたが、奉公人をこき使うなど、地域に尽くした父とは反対に、悪い評判ばかりが聞こえた。そんなある日、妙泉寺大徳(岐阜市加納妙泉寺第13世本受院日芳上人と伝わる)の導きにより仏道に入ると、これまでの行いを反省し、中山道を行き交う人々のために茶を振る舞ってもてなした。傍らには自身の等身大の木像を置き、罪滅ぼしに棒で打ってほしいと乞うた。偉大な父との葛藤を離れて、我が道を見つけた助三郎。助三郎の木像は「ぶたれ坊」と呼ばれ親しまれている。

(岐阜県布教師会長・天田泰山)

illust-hitokuchi

ぶたれ坊

江戸時代の終わり、鏡岩源之助(本名・加藤助三郎)という力士がいた。父は鏡岩濱之助。時の英傑、雷電為右ェ門に土を付けるなどの活躍をし、小結まで務めた名力士であった。立派な体躯に恵まれた助三郎、周囲の期待を背に角界に入り、父の四股名「鏡岩」を継いだ。2代目鏡岩の通算戦績は6敗4休。土俵上で一度も勝ち名乗りを受けることなく廃業した。故郷に戻った助三郎は宿屋を営んでいたが、奉公人をこき使うなど、地域に尽くした父とは反対に、悪い評判ばかりが聞こえた。そんなある日、妙泉寺大徳(岐阜市加納妙泉寺第13世本受院日芳上人と伝わる)の導きにより仏道に入ると、これまでの行いを反省し、中山道を行き交う人々のために茶を振る舞ってもてなした。傍らには自身の等身大の木像を置き、罪滅ぼしに棒で打ってほしいと乞うた。偉大な父との葛藤を離れて、我が道を見つけた助三郎。助三郎の木像は「ぶたれ坊」と呼ばれ親しまれている。

(岐阜県布教師会長・天田 泰山)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07