鬼面仏心

2015年9月20日号

最近「安らぎ」や「癒やし」、「寄り添う」

最近「安らぎ」や「癒やし」、「寄り添う」といった言葉が評判だ。そしてそれがあたかも宗教の目的でもあるかのように使われていることに違和感を覚える。確かに宗教は救いや安らぎを説く。しかし、それは副次的なもの。とくに仏教は「成仏」が目的で、成仏したときに「安心」という真の「安らぎ」が得られるのだ▼四苦八苦に満ちた娑婆の人生。その苦の因って来る原因をしっかり見つめ、智慧をもって苦から解脱する「仏」を目指す。それが仏教だ。一時の「安らぎ」や「癒やし」で救われたような気になる。実はそれこそ仏教が恐れる「無明」だ。一時の「安らぎ」や「癒やし」で問題が解決したように思い、原因の究明や問題解決の努力を怠るようでは真の救いとはいえない▼法華経化城喩品に、仏さまは人びとを「宝所」に導くため、疲れた旅人に一時の休息所として「化城」を与えた。そして「汝だち当に進むべし、此れは是れ化城ならくのみ」と述べ、真の目的地を目指させた▼「安らぎ」や「癒やし」や「寄り添う」が求められるのは、それだけ世の中がギスギスし、人びとが不安と緊張で疲れているからだ。そんな人のために一時の「安らぎ」や「癒やし」の「化城」も大事。しかし「化城」はあくまで仮の城。世界全体が真に「安穏」な「仏国土」という「宝所」になるまでは、もっとがんばらなくては。(義)

illust-kishin

2015年9月10日号

今年小学生になった長女。

今年小学生になった長女。誰に似たのか似ないのか…とても繊細で新しい環境にめっぽう弱い。そのせいか一学期の終わりに体調を崩してしまった。そんな娘の支えになっているものがある。子供用の小さな腕輪念珠。彼女が慕っている身延山のお上人さんから御守りとして頂いた特別なものだ▼その方は以前、奥の院への山道を三時間かけてお参りしてきた娘の頭を「えらかったね」となでてくださったお上人さんで、それからというもの、娘は大ファンになってしまった。夏休みに入り、その念珠をいつも身につけていた。ちょっぴり不安になった時も、「一緒だから大丈夫」と自分に言い聞かせながら▼ところが夏休みの中盤、登校日がやってきた。さすがに学校にはしていけない。「はずそうね」と言うと、今にも泣きだしそう。そこで「先生にはないしょ」と、ランドセルのポケットに入れてあげると、たちまち笑顔になって学校へ出かけていった▼大好きな人がいつも守ってくれている。自分の幸せを祈ってくれている。この安心感が小さな一歩を踏み出す大きな勇気となっていることは間違いない。そして何より彼女がそれをまっすぐに信じているということ。自分を見守ってくれている慈しみの眼差しをしっかりと受け止めた彼女に、もう怖いものはない。▼「慈眼視衆生」。娘にはすぐそばで優しく微笑む観音さまが見えているに違いない。(蛙)

illust-kishin

2015年9月1日号

「自分が犯したミスを隠し通したことで、

「自分が犯したミスを隠し通したことで、他の子が責任を取らされてバイトをやめた。罪悪感に襲われている」。突然檀家の子どもさんに告白されて困ってしまった▼以前、「宗教を信じるメリットは何ですか?」と質問してきた子だ。その時は「信仰を持っていたない人には、うまく説明できないよ」とかわしたが、今度は逃げられない▼信仰を持っている人には、「教えや戒律に反することはアウト。「バイト先に自分のミスを告げ、やめた仲間に謝らないと駄目。懺悔しなければ……。仏さまを信じて行動して、仏さまはいつも側にいるよ」と答えるだろう▼今の日本人は宗教抜きでも正しい行動は可能であると言うだろう。でもそれには、自分を信じ、何が正しいのかを常に考え、間違ったことをしない強い意志が必要だ。神仏も自分自身も信じきれない人は、罪の意識に苦しんだ時、ついまわりの人に問いかけるのだ。「こんな私でいいのかな」と▼自分の判断を信じきれずに、自分の行動に疑問を持った彼への回答は「決めるのはあなた。どうするのかは任せるよ。どんな結果になっても、私は側にいるよ。告白してくたのだから大丈夫」にしようと思う。彼に今、一番必要なのは、相談できる相手だ。年齢の違いはどうしようもないので、神仏や自分自身を信じられないのなら、何でも話せる友だちを作ることから勧めてみようと考えている。仏さまはその後で。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07