ひとくち説法

2015年9月20日号

星は多けれども…

秋の夜長。皆さんは何を思うのでしょうか? 空を見上げれば満点の星。一つひとつにそれぞれの星々の煌きがあり、とても美しいですね。しかし、日蓮聖人のお言葉に「星は多けれども大海をてらさず」とあります。どんなに綺麗で素敵な星々が多数集まっても、夜の大海や闇の大地を輝かせることはできません。日月の光明だけが幽冥を除いてくれるのです。そのとおりだと思いました。
そこで、このお言葉の続きがどうしても知りたいと思いました。しかし、ご遺文やお手紙の名称が解らないと続きは当然見つからないのです。困りました。自分自身の勉強不足を恥じましたが、ならば全ご遺文を拝読させて頂こうと決意して月日が経過してしまいました。苦労しましたが…。
やっとやっと出会えました。昭和定本遺文の『九郎太郎殿御返事』(第2巻1602頁)です。
「但南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ」と続いておりました。生涯忘れません。

(静岡県東部布教師会長・植木和久)

illust-hitokuchi

2015年9月10日号

死ぬまで生きる

6歳の男の子の一言。「死ぬまで生きる!」可愛がってもらった祖母の死に直面して出た不思議なことばです。しかし、子どもなりに「死」をしっかり受けとめた実に意義深いことばでもあります。
バス停でのこと。「今2時半ですよね」と声をかけられました。このことばには「2時半になったらバスは来ますよね」ということばが省かれています。つまり、時刻を特定して、その時刻になると出来事は起るのではなく、出来事が起こる「時」というのはそのもの自身が運んでくるという解釈ができないでしょうか。私たち人間が関わる
すべての現象は、時計の刻時刻によって表示されるのではなく、出来事それ自身が「時」を運んでくると考えた方がより自然ではないか。「死ぬまで生きる」は、「その時」を待つことではなく正に宗祖教示の臨終を習う私たちが精いっぱいに「この時」生きることをいうのでしょう。

(静岡県中部布教師会長 ・塚本智秀)

illust-hitokuchi

2015年9月1日号

仏さまとむきあう

「生老病死の憂患あり」お釈迦さまのお言葉ですが、私も持病の治療のため2ヵ月に1度、病院で血液検査と薬をいただいています。診察まで数時間待ち、診察はわずか1~2分。先生はパソコン(電子カルテ)で血液検査の結果を見ながら背を向けて話します。一度も顔を合わせずに診察が終わることもあります。大勢の患者の診察をされているののですから仕方ないとも思いますが…。
それでは、私たちが信じるところのお釈迦さまはどうでしょう。医者と同じように私たちを苦しみから救ってくださいます。違うところは、私たちが願い求めれば、すべての人と向き合ってくださるのです。「あひかまへて、あひかまへて、信心つよく候て三仏の守護をかうむらせ給べし」(『諸法実相鈔』)。法華経を固く信じ、日蓮聖人の教えを素直に受け、忍耐強く、慈悲の心を篤くし、ことに当たっていくなら、三仏の守護と功徳をいただけるのです。

(静岡県西部布教師会長・杉本蓮修)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07