日蓮宗新聞

2015年9月1日号

内野日総管長猊下導師で千鳥ヶ淵戦没者供養

千鳥ヶ淵①70回目の終戦記念日を迎えた8月15日、日蓮宗は「千鳥ヶ淵戦没者追善供養並世界立正平和祈願法要」を、東京・千代田区の千鳥ヶ淵戦没者墓苑で営んだ。この法要は昭和34年に同墓苑が創建されてから毎年この日に日蓮宗が行っている法要で、今年が58回目となる。戦没者の遺骨が納められている六角堂内に大曼荼羅ご本尊を奉安し、池上幸保全国日蓮宗檀信徒協議会会長をはじめ法華一乗会の会員で公益財団法人・同墓苑奉仕会会長の堀内光雄氏、谷垣禎一氏、武見敬三氏、佐藤ゆかり氏らが参列。檀信徒約1000人とともに戦没者への慰霊と平和への祈りを捧げた。またご宝前脇をはじめ会場の各所には、全国の日蓮宗保育連盟加盟の幼稚園の園児らが折った平和を祈る千羽鶴が飾られた。
終戦70年の節目にあたる今年は導師を内野日総日蓮宗管長猊下が務めた。また副導師に東京4管区の宗務所長、式衆に東京4管区の声明師会、修法師会、行脚隊に青年会の各師が出仕し、六角堂の中央に安置された陶棺に向かい声明、読経、修法を行い、表白文で戦没者諸精霊に追悼の意を表すとともに、世界平和を祈念した。参列者全員による焼香では、それぞれが尊い命を犠牲にした戦没者の冥福を祈るとともに、二度と戦争が起こらないよう祈りを込めて合掌した。
法要終了後、公益財団法人千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会の若松重英理事長が挨拶に立ち、同墓苑に納められた遺骨が36万2570柱になったことを報告し、未帰還の遺骨の早期収集への思いを述べた。遺骨には、軍人、軍属のみならず海外で犠牲となった一般邦人も含まれ、いずれも遺族に引き渡すことのできなかったもので、未帰還の遺骨約113万柱が海外に残るとされている。
最後に日蓮宗を代表して小林順光宗務総長が「戦争の悲惨さや悲しみを忘れず、次世代に平和への思いを語り伝えることが使命」と話し、宗祖・日蓮聖人が『立正安国論』で「すべての人びとが法華経に帰依するならば、この世は仏国土となり立正安国・世界平和が実現されると説いた」と述べた。結びに、日蓮宗が「いのちに合掌」をスローガンに展開中の宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」に触れ、平和の祈りを世界に発信することを誓った。

illust-hitokuchi

広島平和記念公園で原爆死没者追善供養

広島②日蓮宗宗務院と中四国教区が主催する広島原爆死没者追善供養並世界立正平和祈願法要が8月21日、広島市平和記念公園・原爆供養塔前で営まれ、僧侶檀信徒など約500人が参列した。この供養塔は、氏名不詳や一家全滅などで引き取り手のなかった原爆死没者の遺骨約7万柱を供養するために昭和30年に建立されたもの。
法要に先立ち、小林順光宗務総長と内局は行脚隊と合流して原爆死没者慰霊碑に献花を行った。日蓮宗保育連盟加盟の幼稚園・保育園に通う子どもたちが折った千羽鶴で飾られた会場に、広島法華和讃会の和讃の奉詠のなか、開式。続いて、渡部公陽君(小4・広島市本覚寺寺族)が「平和へのいのり」を読み上げ、「この世界がみ仏の国に生まれ変わるように、広島の意味を学び、広島の真実を百千万億人の人に伝えよう」とご宝前に誓った。法要は小林総長が導師を務め、参列した檀信徒らとともに読経・唱題を行い、原爆死没者を悼み、世界立正平和を祈願した。焼香台は会場の外にも設けられ、原爆ドームや広島平和記念資料館に訪れた海外からの旅行者らが真剣な表情で焼香・合掌を行っていた。
法要後に日蓮宗を代表して挨拶に立った小林総長は、日蓮宗が他宗に先駆け昭和29年に世界平和を目指す立正世界平和運動を開始したことに触れ、現在もその精神を引継ぎ「いのちに合掌」をスローガンに「立正安国・お題目結縁運動」を展開し戦争のない安穏な世界の実現を目指していることを紹介。「核兵器の廃絶を訴え、戦争をしない、させない、許さないと平和の祈りを世界に訴えることが大切」とし、「一天四海皆帰妙法、立正安国の実現に邁進することが、すべての犠牲者に対する追善の道」と結んだ。また渡部公悦広島県宗務所長は「戦後70年、当時を知る人の高齢化で供養塔に参る人が少なくなるなか、たいへん意義深い法要を執り行うことができた」と感慨深げにインタビューに答えた。
また、前日20日には小林総長以下内局のメンバー11人が広島平和祈念資料館を表敬訪問。志賀賢治館長と懇談の後、資料館の見学を行った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07