日蓮宗新聞

2015年7月10日号

身延山主催・第10回南方慰霊大法要

ラストコマンドポストにおける南方慰霊大法要総本山身延山久遠寺(内野日総法主)主催の第10回南方慰霊大法要が6月24日に、米国サイパン島で営まれた。終戦70年の節目に行われた団体参拝には定員を超える89人が参加した。太平洋戦争中、昭和19年(1944)の米軍上陸後、サイパン、テニアン島にいた旧日本軍約3万人と民間人約1万人のほか、米軍らあわせ計約7万人が命を落としたという。参加者たちは改めて戦争の英霊や民間人犠牲者へ慰霊のお題目を唱えた。

大法要に先立ち、島北部のスーサイドクリフ(自決の崖)で中部太平洋戦没者慰霊碑開眼法要が内野法主猊下名代の井上瑞雄総務を導師に営まれた。スーサイドクリフは敗色が濃厚となった多くの日本軍人や民間人が米軍の投降勧告に応じずに身投げし、自ら命を絶った場所。身延山では終戦70年や慰霊法要が10回目の節目を迎えたことで、若い世代に慰霊活動が受け継がれることを願い、戦没者供養のための慰霊碑の建立を発願した。法要後、井上総務は「このお題目が刻まれた慰霊碑が、中部太平洋諸島の戦没者の供養となることを願います。そして若い世代が慰霊活動を行うことで、世界平和実現のための原動力にしてほしい」と挨拶した。
大法要は、同島日本軍最後の司令部跡地・ラストコマンドポストで井上総務を導師に営まれた。同地はサイパン島で最後の組織的な戦闘が行われた場所で、参列者は今あることに感謝し、戦没者の苦しみを少しでも慰めるためのお題目を、汗を流しながら唱え続けた。井上総務は再び挨拶にたち、「戦没者の慰霊は、いくらしてもし尽くし得ない」と述べ、声を詰まらせた。また「もう2度と戦争をしてはならない、という非戦の誓いを心に刻み、今後も戦没者への慰霊を続けていかなければならない」と決意を表した。

illust-hitokuchi

IMG_8285b日蓮聖人の身延山ご入山を祝う開闢会の行列と御草庵大法要が総本山身延山久遠寺(内野日総法主)で6月14日に行われた。行列には約250人の僧侶をはじめ、鎌倉時代や江戸時代の大檀越に扮した檀信徒らが参加。門前町を色とりどりに染め、参拝者を楽しませた。内野法主猊下は「この厳粛にして華やかなご入山行列に、日蓮聖人はおよろこびくださっているに違いありません。心から当時を偲び、ご報恩の誠を捧げたいと思います」と参拝者に挨拶された。
742回目となる法要は、内野法主猊下を導師に営まれ、ご草庵の周囲の木々や山の合間に読経や唱題が静かに響きわたった。身延山久遠寺の井上瑞雄総務が、身延山の魅力を存分に伝えられた日蓮聖人ご遺文『身延山御書』の一節を粛々と読み上げると、参列者は日蓮聖人ご在世に思いを馳せた。また千葉県南部宗務所管内の和讃会有志が和讃を奉納し、感謝を捧げた。身延山久遠寺は、平成35年に開闢750回を迎える。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07