全国の通信記事

2015年4月29日号

兵庫北・第四十八回護法大会

兵北150501②【兵庫北】宗務所(宮﨑英一所長)主催、檀信徒協議会(宿南登会長)豊岡市出石町本高寺協賛の下、四月二十九日、第四十八回護法大会が開催された。
寺院・檀信徒合わせて三五〇名の参加があり、松田英秀師(姫路市蓮正結社教導)による記念講話が『法華経に出会った女性たち』と題し、行われた。
また、所長改選にあたり、当管区では護法大会で新所長の最初の仕事が行われる。就任した宮﨑英一師は「四十八年間続くこの護法大会を信仰の礎として、子から孫へと信仰を継承し、途絶えさせないように修行に励むことが、ひいてはご先祖様への恩返しとなる」と述べ、檀信徒へのお願いとした。
その後、昼食を挟み、管区寺院総出仕の法要が営まれ、兵庫北部寺庭婦人会(村井順子会長)による、和讃、仏讃歌が行われた。本高寺婦人会(柴垣憲子会長)の参加もあり、盛会のうちに幕を閉じた。
毎年、四月二十九日に行われる当大会は、管内寺院が交代で会場寺院を務め、その度に大勢の檀信徒がかかわり、寺院との関係を密にしていく。 間もなく五十回を数えることとなるが、ますます、盛り上がっていくことと思われる。

横須賀市大明寺で「第八回 チャリティーコンサート」

【神奈川二】横須賀西ロータリークラブ(楠山泰道会長・大明寺住職)主催、社教会(山本貫恭会長)、青年会(石本真教会長)、横須賀・横須賀北・横須賀南西・三浦各ロータリークラブ協賛の「第八回 チャリティーコンサート」が四月二十九日、横須賀市大明寺(楠山泰道住職)で行われ、スタッフや僧侶檀信徒、地域の人たち、ボランティアの社会人・大学生・三浦学苑高等学校のインターアクトクラブの生徒ら、延べ二百人が参加した。
同ロータリークラブは毎年四月二十九日、国際奉仕事業の一環として大明寺を会場にチャリティーコンサートを行っており、この事業の募金は「命 輝かすために」をスローガンに、災害被災地の子どもたちの教育施設などで幅広く活用されている。
昨年の募金では、NPO法人T・M良薬センターを通じて十一月二十三日、宮城県気仙沼市で「世界の料理をつくろう」が開催され、子どもたちや留学生などのスタッフ二十人が参加して、食文化を通してふれあいながら、異文化交流を深めた。ことしの募金も、被災地の子どもたちへの支援のために使われる。
午後一時、コンサートの開演に先立ち、楠山横須賀西ロータリークラブ会長、NPO法人T・M良薬センターの小川志道理事(群馬県社教会長)、山本社教会長、補助犬育成支援団体・NPO法人湘南ROSAの山本京子代表らが挨拶、コンサートの中では、それぞれ大明寺で活動している、檀家の娘さんと楠山住職の三浦学苑高等学校教員時代の教え子らによるバンド「ロータスフラワーズ」・檀家や市民で組織される合唱団「ロータス」・僧侶とその仲間たちによるバンド「BREY(ブレイ)」、双子デュオ「健太康太」らが演奏や歌を次々披露して会場を盛り上げた。
最後に「ロータス」と会場の参加者全員で渡辺なつみさんがいまから十数年前、命の尊さをテーマに書き上げ、ハル&チッチ歌族と石巻市立雄勝小学校のみんなが歌っている楽曲・NHKみんなのうたにもなった『しあわせの時計』を歌い、終始盛況の中でコンサートは終了した。
会場では湘南ROSAやT・M良薬センターによるチャリティーグッズの販売や、同社教会、管区青少年教化委員会(楠山泰英委員長)による出店も行われた。

千葉西 宗門史跡妙蓮寺、誕生寺他を参拝

千西150515②hp【千葉西】宗務所(土井了真所長)では4月29日に6年後に迎える日蓮大聖人御降誕800年と来年に迎える聖母妙蓮尊儀第750遠忌法要の先駆けとして宗門史跡妙蓮寺とご降誕の霊場・誕生寺、蓮華が渕、そして清澄寺と第21回目の「いのりの日」を開催し、僧侶、寺庭婦人、檀信徒ら370人が参加した。
午前7時に茂原、長生郡、木更津、富津、君津、市原地区の各地よりバス9台が小湊に向い、小湊では3台ずつ3班に分けてローテーションを組み、鯛の浦遊覧、妙蓮寺、誕生寺をそれぞれ参拝した。午前9時、先着3台の参加者120人は鯛の浦遊覧し船上より蓮華が渕を遥拝しお題目を唱え、続いて唱題行脚し妙蓮寺の本堂へ向かい、上村貞雄師(妙蓮寺住職)より縁起とご報恩の法話を頂き、ご両親のお墓を安置した両親閣御廟堂と、ご本尊を掛けた霊木を材として一木三体のご本尊(日蓮聖人、ご両親)を奉安した感応堂を参拝し、再び唱題行脚し、誕生寺祖師堂前にて鈴木宇海師(誕生寺布教部長)より縁起と感謝の法話を頂き小湊を後にした。
次いで、清澄寺では千葉西部謹製の御題目写経を研修会館にて行い昼食を済ませ、午後1時30分より信育道場を会場に、土井所長は参加への御礼と小湊、清澄への思いを述べ、二宮日敬清澄寺別当に挨拶を頂き、午後2時より田澤裕泰青年会会長(茂原市・妙弘寺修徒)を導師に唱題行が営まれ、旭が森を参拝し、摩尼殿にて午後3時30分、月崎了浄伝道担当事務長(長南町・長久寺住職)より来年度も妙蓮寺を参拝する旨を明かし閉会に辞が述べられ、各地区へと帰路した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07