日蓮宗新聞

2015年3月20日号

東日本大震災から4年

被災地①東日本大震災から4年。大地震が発生した3月11日午後2時46分、津波による大被害を受けた宮城県石巻市と女川町では防災無線からサイレンが鳴らされ、鎮魂の黙祷が捧げられた。同地区には久円寺(谷川海正住職)、法音寺(谷川正明住職)、妙照寺(鈴木錬昭住職)の3ヵ寺があり、合計で156人の檀信徒が4年前の震災で犠牲になった。各寺院では震災発生の時刻に合わせて今年も慰霊法要が営まれた。
被災地②石巻市法音寺には約80人の遺族らが集まり、神奈川県1部青年会、北海道北部青年会僧侶、石川県輪島市妙相寺(河﨑俊宏住職)の檀信徒らとともに鎮魂の祈りを捧げた。法要後には同寺の飛び地境内に建てられた東日本大震災犠牲者慰霊塔前に移動し、ここで合流した檀信徒とともに震災発生の時刻を迎えた。塔は津波で多数の犠牲者を出した場所に建ち、この日は午前から神奈川県1部青年会僧侶によって読経が行われ、通りかかった地元の人らは手を合わせていた。
立正大学仏教学部では、毎年この日に合わせ慰霊唱題行脚を行う。前日の10日に現地入りした一行38人(戸田裕久団長)は強風のなか各所で唱題行脚を行い、3ヵ寺で法味言上。4年たっても檀家の犠牲者48人のうち26人が見つかっていない女川町の妙照寺では、鈴木住職の「みなさんの心を込めたお題目はきっと海の底にも届いたはず。ありがとう」という挨拶に、思わず目頭を押さえる人もいた。行脚に参加した学生の一人は「被災地に来たのは初めて。大学に戻ったら見たもの、聞いたこと、感じたことを誰かに伝えていきたい」と話した。一行は翌11日には宮城県名取市閖上地区などを行脚した。

illust-hitokuchi

2015年3月1日号

檀信徒青年リーダー研修開く

リーダー研修①檀信徒青年リーダー研修が2月7、8日に東京都大田区の日蓮宗宗務院で開催され、全国から31人の檀信徒が参加した。この研修会は、住職を補佐して寺院の諸活動をサポートする人材育成を目的に毎年開催される。今回は「地域とお寺と私」をテーマに、菩提寺の活性化を通して地域活性につなげる道筋を模索した。
第1講では日蓮宗過疎地域寺院活性化検討委員の山下義孝師が、2日間の研修のテーマに沿って日本の過疎と人口減少社会を解説した。過疎の特徴や過疎化の原因・プロセスを解説し、それによって引き起こる地域コミュニティの崩壊に言及。寺院が地域社会に開かれた取り組みをすることで、寺院・過疎地域ともどもの活性化を生み、さらには地域コミュニティ再生の核となる可能性を示唆した。
第2講は徳島県神山町で「人」をコンテンツにした創造地域づくりに取り組み、大きな成果をあげたNPO法人グリーンバレーの理事長・大南信也氏が「神山プロジェクト~創造的過疎から考える地域の未来」と銘打って講演。第一次産業に頼らず、多様なビジネスの招致に成功した神山町の実例を紹介した。また、アイデアキラーという表現で斬新な考えを否定する動きを批判。「前例がないということは、時代の歯車を回すチャンスととらえよう」と話し、青年リーダーの斬新な発想に期待を寄せた。
その後、参加者を6班に分け、「地域社会を知るためのワークショップ」を開催し、過疎地の寺院の可能性を探った。宮崎県都農町に檀家60軒の法華寺(仮名)を想定し、同寺を舞台に何ができるかを討議するもので、都農町の産業構造や数字的なデータをもとに、地域と寺の強みと弱みを付箋を使って分析した。翌2日目は、各班が分析した強みと弱みを前提に、地域を巻き込んだ法華寺を舞台にしたイベントを企画し、班ごとに発表を行った。グループの一つは法華寺の住職が日蓮宗加行所成満の修法師という設定を活かして「ちからわく星まつり」を提案。地元の学校のクラブ活動を発表する場や都農町の農漁業の特産物(ワイン・金フグ丼など)をPRすることを兼ねることで、檀家の枠組みを越え地域ぐるみのイベントを目指すと提案し、実行委員会を寺院や地域を担う次世代育成の場にしたいと思い述べた

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07