オピニオン

2015年3月20日

「立正安国・お題目結縁運動」が第3期に入る。

「立正安国・お題目結縁運動」が第3期に入る。ここまでの宗門運動の成果を総括し、しっかりと自己採点することが肝要だろう▼この運動は全国74の宗務所の管区伝道企画会議で、2年の時間をかけて検討した意見をもとに、ボトムアップで生まれた運動だ。宗内的にはお題目結縁による人づくり、宗外的には立正安国の社会活動というのが主なねらいだ▼当初、運動名の「立正安国」に対し、いまさら四箇格言(念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊)を持ち出すのかという「安国論封印」の声があがった。しかし「立正安国」は日蓮聖人の「いのち」。聖人の信仰から「立正安国」を除いたらなにが残るか。「立正」を主張することが、イコール排他的宗教ではないはず▼世界にはキリスト教やイスラム教、資本主義や市場原理主義といった思想や宗教があり、多くの人びとの行動規範となっている。それらは聖人の時代にはなかったもの。しかも中には「立正」に照らして「ノー」と正すべきものも多い。聖人の時代の四箇が、今では十箇も百箇もある▼『論語』に「君子は和して同ぜず。小人は同じて和せず」という言葉がある。「立正」を主張せず、世の大勢に同ずる(おもねる)ことが祖意ではない▼人びとの価値観が多様化し、混沌とした時代。こんな時代だからこそ宗門運動第3期では、社会に向かってもっと「立正」を主張すべきではないか。(義)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07