オピニオン

2015年2月20日

『一里塚』。広辞苑は、

『一里塚』。広辞苑は、「街道の両側に一里ごとに土を盛り、里程の目標とした塚」とし、誹風柳多留を引いて「くたびれたやつが見つける一里塚」と添えている▼身延七面山を登るときなど、長い道程を歩く身になると、この先がどうなっているのか、後どのくらい歩かなくてはならないのかなどと先行きが気にかかる。そんな時頼りになるのが、町石と呼ばれる道程標である▼里標石、里程標などとも言い表され、またマイルストーンと片仮名で語る人もいる。意味も単なる地理上の標識を言うだけではなく、意識あるいは生き方の問題として、中間目標という意味で使う場合がある。還暦の次は古希を目指す、などというのも里程標を意識しているものだ▼個人の生き方だけでなく、組織の運営にしても同様で、先行きの目標を定めるだけでは中々到達できない。いかに素晴らしくても、遥かに遠い目標ではやがてくたびれ萎え果ててしまう。そこで取りあえず達成すべき中間目標を身近に設定し、それを順に通過していけば中ダレを防ぎ、中間目標達成の度に更にやる気が起こってくる▼但し町石は記念碑ではない。ここまで来たさあお祝いだ、ではだめだ。町石は過ぎ去りし後ろを祝うためのものではない。前に向かって進むためのものだ。最終目標をどこに置くか。それを再確認するのが節目の祝い、マイルストーンの役割だと言いたい。(直)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07